テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンシナティ

シンシナティでも波乱は多かった。
フェデラーがベルディヒに負け、そんなベルディヒはジョコと対戦し、リタイア(まさにフヘっという感じ。フェデラーとやると次戦が棄権多いよな・・・)そして、ナダルが今のってきているフィッシュに負け、決勝ではジョコがマレー相手にこれまたリタイアでマレーが優勝。ジョコのリタイアが体力なのか肩の怪我かは本人にきいてみないとわからないが、ここまで勝ち続けるにはそうとう体にガタがきているはず。
この決勝戦でのリタイアはUSオープンの予想をさらに困難なものにさせた気がする。ブックーメーカーの予想ではやはりジョコがトップだが、本当にわからなくなったと思う。ナダルもありえるかもしれないし、今のところマレーも今まで以上に優勝候補だともいえる、もちろんフェデラーもだ。

ベルディヒに負けてしまった試合を見ると、ビッグサーブの持ち主であり、しかもストロークもトップ5に負けるとも劣らないものをもち、去年ウインブルドンで負けている相手でもあるのに、ファーストセットの最初にブレイクされたゲームでは、フェデラーが気を抜いているとしか思えなかった。
ベルディヒのウイナーではなくすべて完璧なアンフォースドエラーだった。

さすがに第2セットは集中しだしたと思うが、タイブレークでのあの場面でのドライブボレーの選択も間違っていたと思うし、フォアハンドのストレートのミスは完全に振りきれていない事とみて間違い無い。

振りきれていないということは普段のフェデラーでは考えられないこと



いらない考えが頭によぎっている証拠



集中していない証拠。

このタイブレークでとらないと負ける場面での集中力散漫は勝ちに対する執着心があきらかに低下しているということだ。
最近のフェデラーの試合でなかなか昔のように巻き返しが少ないのも勝ちに対する執着心=モチベーションの維持が非常に困難になってきているのではないだろうか?

今やテニス界の名声もそして双子のかわいい娘に恵まれてるフェデラーにとって、ロンドンオリンピックまでテニスをする・ウインブルドンで優勝するというだけの目標だけではやっていけないのかもしれない。
ロジャー・フェデラーは幸せすぎるのかもしれない。

もしそうだとしたらフェデラーのグランドスラムの優勝は遠いだろう。フェデラーの負けず嫌いなのは知っているが、他の選手の負けず嫌い度に比べてみるとどうだろうか。

フェデラーの復活は往年のアガシのように一度、底まで落ちてからじゃないと見れないのだろうか。
あまりの自分の不甲斐なさに、そしていらぬ事が頭によぎり集中できない自分に怒り、ラケットを壊すことが本当のリスタートと見てもいいかもしれない。
このUSオープンでフェデラーがラケットを壊すことを密かに望んでいる。

366262.jpg
[ 2011/08/25 15:15 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

ツォンガ!!

ウインブルドン以降、初めての大会モントリオール。
初戦はポスピシル。無事に勝利し、なんと次戦はウインブルドンで敗れたツォンガ。

かなり厳しい試合になると思われたけども、、なんともそのとおりになってしまった。
ナダルとマレーが初戦で敗れたニュースにもびびってしまったが、波乱のハードコートシーズン開幕といえよう。

しかし波乱があったとはいえしっかり優勝してしまうのは現ATP No.1プレイヤーたる実力なのかジョコがまたもやカップをもっていった。

ジョコとツォンガ戦は気になる試合だったが残念ながら第2セットでツォンガがリタイヤとなった。
どないやねん!と突っ込んだが今のっているツォンガにとってはUSオープンを見据えてのリタイヤなのは誰の目を見てもあきらかだ。

フェデラー戦を見てもフェデラーより前に攻撃をしかけてきている。
いいすぎではあるがすべてのショットを意識的にウイナー級に近く攻撃的に打っている。つなぎのボールなど数えるぐらいだろう、リターンも深く厳しい。

やっかいなのは早いタイミングでネットにでてくる、今のツアー選手にはないオールラウンド性だ。しかもボレーもうまい。
フェデラーがツォンガに対抗しうる作戦はやっぱり思いつかない。素晴らしいプレーをし続けるのみとしかいいようがない。

早くも次のツアー、シンシナティがはじまりフェデラーは初戦の超~~~~厳しい相手のデルポトロを無事にやぶった。
なんと次戦はあのブレーク。久しぶりに対戦だ、ブレークの現況は全くわからないが復活してきているのだろうか。

ぜひUSオープン前にのっているジョコとやっておきたい、たとえ負けてもだ。

32323.jpg
[ 2011/08/17 18:24 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

ウインブルドン総括

準々決勝フェデラーVSツォンガは
3-6, 6-7 (3-7), 6-4, 6-4, 6-4
で2セットアップからのツォンガのまきあげで負けてしまった。

第1セット
ツォンガがあきらかに堅くミスが多い、フェデラーは可もなく不可もなく。
いつものツォンガっぽいといえばそうかもしれないというプレーだった。

第2セット
さすがに堅さもとれてきたツォンガ、シングルハンドでたまに打つ(こういうプレーはツォンガ臭さともいえる。)余裕も。ネット際でたまにみせるボレーはやっぱりうましだが、全体的にプレーが荒い。

第3セット
最初にブレイクされたときからツォンガの動きも良くなってきた。
4-3 0-30

5-4 0-30
などここからチャンスというときに0-40にスコアをすすめることができず、あとはツォンガのサーブ力で持って行かれた感じ。
このセットを見てもフェデラーの調子は普通に感で決して調子は悪くないと感じた。

第4セット
さて当然このセットで決めなければいけないフェデラーですが・・・

第3ゲーム
セカンドサーブをアタックされバックアウト。0-15
ネットにアプローチいくが、ツォンガのシングルハンドのストレートパッシングにあう。0-30
ストローク戦でツォンガのフォアを甘く返球、逆クロスへエース。0-40
フェデラーナイスサーブ 15-40
またもや善いサーブ 30-40
ストローク戦フェデラーの甘くなったフォアハンドを逆クロスへエース。

第5セット
第1ゲーム
ツォンガのバックストレートのウイナー。0-15
セカンドサービスをリターンエース。0-30
ネットミス15-30
フォア逆クロス強打でフェデラースライスミス。15-40
フェデラーフォアハンドミス。

まあ結局、ツォンガがフェデラーよりも攻めが早く、サービスゲームが非常にクオリティの高いプレーをしたということにつきる。フェデラーがもう1段階ギアをあげれば勝てたとは思うが、それをさせなかったツォンガのパワーテニスをほめるべきであろう。

このスタッツをみればフェデラーは決して悪いテニスではなかったはずなんだけど、アンフォースドエラーが11ってほんまか!!って感じで・・・

001.gif

決勝はナダルVSジョコビッチとなり、全く予想はつかなかったが、ジョコが3-1で勝利、あまり苦戦した感じでもなく完全にナダルの球筋をわかっている感じだった。
こうきたら次はこうくるなみたいなジョコの動きに寸分の迷いもなかったような雰囲気。ナダルはこれから多少進化はすると思うが、フェデラーがナダルを苦手とするように、これからも苦しい戦いをしいられることは間違いないだろう。

今回のフェデラーの敗因は運が悪かったといえばそれまでなので、それまでにしておきたい。本人もツォンガが良すぎたって言っているし、トップ20位くらいまでの人が調子がいいとこれからもこういう事が起きるよ、気をつけなくちゃって思っているに違いない。
アナコーンコーチもこういう場合の対策、途中から相手がゾーンに入った場合の対処法を考えているに違いない、まさかあきらめてないよな。

ap-201106291035381222259.jpg


[ 2011/07/07 15:44 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ウインブルドン予想

ウインブルドンはじまってしまいましたが予想を。

ナダル山
デルポが芝でどれくらいやれるか、ですがここはベルディヒをおす。ナダルとのフルセットでナダル勝利!

マレー山
芝の大会でツォンガを破り優勝したマレー。そのまま勢いにのってロディックをたおす!

フェデラー山
ナルバンディアンがかなり怖いが最初の壁はまさに壁のようなイズナーでしょう。で、ツォンガがきて無事に勝利。
※日本の添田がラッキールーザーでツォンガと1回戦を戦いましたね。
すごい彼もとうとうここまできましたがこれからに期待しましょう。また試合はのちほどチェックして日本の添田がこれからどこまでやれるかをブログにアップしたい思います。

ジョコ山
ジョコ山が一番面白く、芝の得意なバグダディスにジョコがどこまで良いテニスをみせれるか見物です。
そしてロドラも芝では注目の選手です。ここは思い切ってロドラと予想してみました!!
※錦織君がヒューイットに1回戦で負けてしまいました。ヒューイットも芝は結構得意です、いやな相手とあたってしまい残念でした。今回は結構期待していたんですけどね・・・・

ということで
ナダルVSマレー
フェデラーVSロドラ

でフェデラーVSマレーと予想し、念願のウインブルドン7勝目をフェデラーが勝ち取る!!!!!!!

666666
緑がいい!そしてぎこちないバックハンド!!
[ 2011/06/22 14:11 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

全仏総括

12313_20110622131944.jpg
ウインブルドンも始まったいる最中、全仏総括とはこれいかにですが、短めにとりあえず。
今回の全仏はノリノリのジョコが果たしてナダルを敗れるのか!?という空気感もありフェデラーも例年のようなプレッシャーはなかったはず。(実際ジョコが決勝いっていたらナダルに勝ったかどうかは不毛なものとして考えないことにします。)

結果的にフェデラー山は非常にバランスのとれた相手にめぐまれ、ジョコの連勝に歯止めをかけ快勝するというファンにはたまらない興奮をいただきました。

結局ナダルには敗れてしまいましたが、決勝も最終セットをのけて見るとナダルの十八番のコートということを鑑みればすばらしいテニスを十二分にみせてくれました。
敗因は第1セット5-2ナダルサーブでブレイクセットポイントを取り逃がし第1セットを獲られた事が70%はあるのではないかと思いますが、やはりバックハンドの処理とナダルのサーブの対応がもう少しあがってくると十分勝てていたゲームでした。

まさにその象徴がフェデラーが取り返した第3セット。3-2で最初にブレイクされ、4-2でのナダルサーブの第7ゲーム。
なんとラブゲームでブレイクします。
そのゲームを見るとリターンを全て強打して全て成功しているんです。やりゃできるやないか!フェデラー!!って感じのゲームだったんです。こんなゲームが全てのセットにでてくるのが理想でありナダルに勝つ方法のうちの一つであるのは間違いありません。
ナダルのサーブを全てたたきにいく作戦でこれからはいいんじゃないかと思います。
エラーしても試合を通じて全てリターンエースを狙う勢いがあってもいい。ナダルのサーブは平均15キロほど遅くリターンはしやすいはずなんですが、スピンの量や曲がる角度もあり丁寧に返しすぎな気がするんです。どうもフェデラーはあわせるリターンの率が多いように感じるのです。

それにしてもナダルの勝負強さには参ったものです。
ウインブルドン奪還できるでしょうか。ナダルのサーブの戦略次第のような気がします。
[ 2011/06/22 13:52 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

全仏予想

すでにはじまってしまっているくせに予想は反則ですが、おかまいなしに予想します。

ナダル山
見た感じ強敵はいない。ダスコ、ソダーリングもいまいち。間違いなくセミファイナルへ。

マレー山
こちらも強敵はいない。注目はラオニッチとドルゴポロフがどこまでやれるか。ジョコとの死闘を繰り広げたマレーもここは順当にセミファイルでナダルと対戦。予想はマレー!!

フェデラー山
ここには錦織君がいます!ルーに勝ちました!やった。スタフなんちゃらに勝てばフェレールと対戦。クレーでのフェレールにはまだ勝てないと思います。
フェデラーはいきなり前回負けかけた男前ロペスさんです。1回戦なのに流せません。
しかしなんとかやってくれるでしょう。
フェデラーVSフェレールが5セットでフェデラー!!

ジョコ山
この山一番きつい山です。ただ今のいきおいを考えるとジョコに死角は見当たらない。しかし連戦につぐ連戦でさすがにガス欠。フェデラーがまたしても5セットを制す。

で、なんと決勝はフェデラーVSマレー!!こちらは全豪ですか!!なんとまたしても5セットでフェデラー勝利!!夢じゃありません。
グランドスラムをこういう獲りかたができるのもフェデラーならでは。
全仏には悪魔が住んでいます。驚異的な強さを魅せるのはまるで悪魔にとりつかれたようなフェデラーであって欲しいものです。
[ 2011/05/23 09:04 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

フェデラー徐々に。

123231131231.jpg

さてマドリッドオープンでは準決勝でナダルとまた対決となりました。
このマドリッドオープンでは注目すべきポイントがいくつもありました。

1.ナダルとデルポトロの対決。
2.ジョコビッチが順当にいけば決勝に進出、フェデラー・ナダルのどっちとやっても興味深い。
3.フェデラーはソダーリングに勝ってナダルと対決なるか
4.ジョコビッチはどこまでナダルとやれるか。

デルポトロが上り調子だったのになんとまたしても怪我でナダル戦を棄権。残念ながら全仏オープン欠場のニュースも入ってきました。
やはり彼のプレーは相当フィジカルを酷使するのだろう、彼のタッパであのプレーを続けることは相当な負荷がかかることは簡単に予想はできるのだが全仏の前にそれがやってきたことは彼にとって良かったのか、悪かったのか・・・。

棄権という話題でいえば錦織君がここにきて腎臓をやられた。かなり良い感じで調整はできてたはずなのに、このタイミングかと誰しも思ったはずだ。
錦織君は外見からしてかなり神経質とみてとれる。この腎臓疾患はストレスからきたと僕はみてるが、どうだろう。
全仏に間に合うのだろうか。。。

マドリッドでは無事に?フェデラーVSナダルとなったが、5-7, 6-1, 6-3でフェデラーがまたしても負けてしまった。
しかしこの試合全体を通してフェデラーのいつものプレーが見られた。こういう試合を彼は魅せてくれるからフェデラーのファンはやめられない!そんな感じのプレーが随所に見ることが出来、

第1セットはミスが多い中、良いプレーが良いときにでた。第2セットは雑!!すぎ第3セットはナダルのスーパー切り返しもあったがバックハンドも良かったしなによりストロークにキレがあった。

逆にこの試合よりも注目はジョコとの決勝。
まさにジョコの完璧な勝利といってもいいだろう。ストローク戦は6:4ぐらいでジョコがペースをコントロールしていた感じだ。
ナダル戦だとどうしてもバックハンド狙いが多いが、ジョコは決してそんなことはなくうまくフォアハンドとバックハンドに球を散らすのに対してナダルの攻めはどうしてもバックハンドにいきがち。サーブも完全にジョコに読まれていた感じだ。

ナダルに勝利したことでジョコの自信もアップし(喜びかたが半端ではなかった、実は今年の目標はクレーでナダルをやぶり全仏をとりにいくことかもしれない)がぜん全仏でも優勝候補となった。

今おこなわれているローマ大会でも同じような戦いになると予想される。フェデラーは確実に勝って準決勝でもう一度ナダルと対戦し、全仏を最高の状態で迎えたい。勝っても負けても。
[ 2011/05/12 12:03 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

どうしたフェデラー

フェデラーがナダルに
6-3,6-2でこれは完敗したといっていいだろう。

内容は見ての通りあまりにフェデラーのエラーが多かったので、フォアハンド、バックハンドやボレー別に集計してみた。
アンフォースドエラーの判断は難しく、たとえばフェデラーがナダルのサーブを積極的にエースを狙いにいったリターンがネットにかかった時は、これはどちらのエラーになるのだろうか、たぶんフェデラー本人はフォースドエラーというに違いない。

なのでこれはあくまで個人的見解がたぶんに含んでいるので統計的なデーターとしてあまり意味をなさないと思うが、見て頂くとあることがわかると思う。
※極力、お互い相手のウイナーに近い球や深すぎて厳しすぎる球はアンフォースドエラーには換算していない

sore.gif

これじゃ勝てねえ!!

フェデラーはフォアハンドのエラーがバックハンドよりも上回っています。攻撃なフェデラーですので多少のエラーはしかたありませんが、一応そういうエラーは極力いれないようにしているので、あきらかに本来のフェデラーではない出来というのがわかります。

久しぶりのナダルとの戦いで最終セットまでフェデラーのストロークのタイミングが合わなかったのか、体調が悪かったのかはわかりませんが、あらためてナダルのエラーの少なさには感嘆するばかりです。

ジョコビッチがあいかわらずの調子でナダルを破り優勝しました。ジョコがどれだけこれからのクレーシーズンで活躍できるかによっては、ナダルとフェデラーの立ち位置がまた去年と様変わりしてくると思われます。

フェデラーのフォアハンドはそこそこ安定はしていると思うので、ナダル戦はたまたまだったと思い、あまり悲観せずにこれからも楽しみたいと思います。フェデラーは全仏王者でもありますから。


5646ssassa46.jpg

[ 2011/04/05 09:26 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

チャリティー

かなり忙しく、そして今回の大地震。亡くなられた方、そして現在も被災されているかたにお見舞い申し上げます。
なかなかブログを書く気にもなりませんでした。
しかし全豪の記事もまったく書いておらず、いいわけにもならないのでこのへんで久しぶりにブログをスタートしたいと思います。

全豪では去年の全米ではばまれたジョコにまたしても負け。バックハンドが原因とみていいでしょう。
そしてインディアンウェルズでまたしてもジョコに負けました。2たてはどうしても避けたかったところだが、ジョコの出来が本当にできすぎ君だった。

ここのところのジョコの強さを分析してみると、

1.ファーストサーブの確率が高い。
地味にすごい点。しかもフェデラーよりもここでファースト欲しいなというところで入れてくる確率が高いのでどうしようもない。

2.ストロークの安定感。
これは昔からだが、ジョコのフォアハンドのアングルの切れがすごい。このショットでオープンスペースができてしまい、そのゲームの主導権をにぎる。そのオープンスペースにきた球をフェデラーはバックハンドで返すが当然厳しい球なのでいいところにかえらない→ジョコのペース。
ジョコのストロークに付き合うのではなく、ジョコのフォアハンドのアングルがきたら、すかさずストレートに返す作戦をおすすめしたいが、どうでしょう、アナコーンコーチ!!

ここまでレベルの高いテニスをされると対抗策としてはフェデラーも良いテニスをして集中力を途切れさせずに流れるプレーをし続けるしかなく、当然のようにバックハンドが普通以上の調子でなくてはならない。まあジョコがこの調子をキープし続ける限り、フェデラーもナダルもかなり調子がよくては勝てない相手となった。
マレーをさしおいて3強時代としてもいいと思う。

現在開催中のソニーエリクソン大会ではボトムはジョコで決まり、そしてトップハーフはここらで一つ久しぶりにナダルとやっておかないとフェデラーまずいぞ状態なので、ぜひ天敵ともいえるシモンに気持ちよく勝ってもらいたい。

ブログとツイッターをほったらかしている間、デルポトロがほぼ完全復活をとげ、ラオニッチという新星がでてきた。
錦織君がインディアンウェルズで1回戦勝てばフェデラーと対決だったのにアンドレエフに負けてしまったが、ソニーエリクソンではナダルと対決!!しかも善戦!!すごい、しかもチャリティーもジョコらその他大勢の選手と共に行い、もう完全にATPの中の人となってしまった!!すごい!!

このビデオでのジョコとのツーショットはもうすでにかつての修造のオーラを越えちゃってるぞ!!
http://www.atpworldtour.com/Tennis/Media/Videos/2011/Uncovered/Episode-12/ATP-Uncovered-S3-E12-Hope-Match-For-Japan.aspx

日の丸を来て入場したジョコを見るといいやつすげて泣けてきます。ありがとう!!みんな!!

錦織君VSナダル


0123.jpg
123333.jpg
6546456.jpg
5464512312321.jpg
[ 2011/03/31 17:35 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

あけまして全豪

あけましておめでとうございます!
今年はツイッターでなんとかつぶやきをしたいと思っています。

で、年が明けて気づけばもう全豪オープン。フェデラーの去年の年末は例年以上に忙しくナダルとのエキシビ三昧でした。
結局、年末にエキシビの大会みたいなのにも出て、途中フェデラーはソダーリングとも戦い、決勝ではナダルに敗れた。そんなエキシビでの成果もあり年頭のカタールオープンで優勝した。

ここまでは最高のスタートを切れたと思いたいが、年末の忙しさが結局今年の年末にツケが回ってきそうで怖いっちゃ怖い。

去年の全豪の優勝もしかり結構、年初は年末からのいい調子をある程度維持できるものと考えてよさそうで、あいかわらずフォアハンドとバックハンドの調子がすばらしいので今年はちょっと自信をもって望んでみてもいいだろう。

フェデラーの今年の目標を勝手にあげるとすれば年間を通していい調子をどれだけ持続することができるか?(+ウインブルドン優勝)につきるだろう、ここ数年は1年を通しての安定感があまりなく不安定なテニスもかいまみえた。それを簡単に年のせいだとはしたくないのは本人が一番痛烈に感じているジレンマのような気がする。

まあカタールオープンでの感想は1回戦のトーマススコール選手がインパクトが強かったな~~
でかくてレフティでハードヒット、やりにくいったらあらしねぇって感じかな。
これでランキングが165位だと!!この選手を見たときにツアーのレベルの高さをあらためて思う。

で、やはりびびったのはびびったのは3回戦のトロイッキ戦だった。楽天オープンではナダルにあともうちょいで勝ちそうになった選手で今年もグランドスラムで早い段階では当たりたくない選手ランキングでは高い人。

なぜかこのカタールオープンはATPのサイトにハイライトが掲載されていないので結局youtubeで見ることになった。決勝はすべて高画質で掲載されているのでダビデンコとの高速ストローク合戦を楽しみましょう!

http://www.youtube.com/user/MrSuperTennis


気になったニュース一覧

錦織選手のコーチがブラッドギルバートに!!
これ地味にすごいニュース。チリッチにもまた勝ったし今年は本当に期待できる年かもね。

杉田がツアー初優勝!
じつは去年たまたまテレビで杉田VS鈴木貴男という試合をみた。鈴木がミスしまくり(怪我だったんだろうか)でグダグダだったのを覚えている。ただ杉田の印象は薄くこれでは世界でやっていけねえなあとは思った。

デルポが男前ロペスに勝利!
ようやくきたか。のぞむところ

[ 2011/01/12 10:24 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。