テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それぞれの1回戦


錦織選手は完全に準備不足で負けた感じだ。怪我の影響からかわからないがアグレッシブさがなくなってしまっていた。
今のツアーでは安定したストロークを打ち続けるメンタルとフィジカルの強さが不可欠であり、錦織選手の今年の課題が見えた気がした。

一方、伊達選手がまさかの予選を3つ勝ち、本戦出場し28位の相手に大健闘というか、接戦!!
まさか本戦までいくとは思わなかったが、シード選手相手にあのテニス・・・本当にテニスにおけるメンタルタフネスを思い知らされた試合であり、伊達選手のすごみというものを感じずにはいられなかった。
折れない心、集中力、ネットアプローチなど、久しぶりにテニスの試合を見て熱くなった。そんな伊達選手はこれからも応援していきたい。

フェデラーは1回戦にしては非常に強敵であり見応えのある試合だった、あのセッピのプレーの質は確実に高かったが、フェデラーのあのプレーの入り方は去年とは違うなにかを感じた。
オフトレーニングの充実度はみてとれる。今年はなにかやってくれそうだ、ドローにも恵まれているのでジョコビッチあたりまでは去年よりかは幾分らくに見れそうだ。ただまだ1回戦だ、ファンとしては気を抜くわけにはいかない、去年との違いがあるかバックハンドとフォアハンドをこれからも注意深くみてみよう。
[ 2009/01/20 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。