テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪循環


フェデラーがマレーに負けた。4回も続けてとは、もう苦手じゃないとはフェデラーも言えないだろう。
どうもナダルといい、最近負けている若手といい、粘着系に弱い傾向がある。長いストローク戦をすると先にミスをする確率が高く、勝負を急ぎ、決めに行くとミスるというこの悪循環。
2006年~2007年頃のフェデラーと今のフェデラーを比較すると技術自体はそんなに変わっていないような気がする、単純にツアーレベルのストローク力が上がってきたといってもいいんじゃないかと思う。

そう考えるとしつこくバックに粘着されると、フェデラーのバックハンドのレベルをもう一段あげる事をしないと今年も非常に厳しい年になり、なかなか勝てない日々が続くであろうと予想される。

ただこれは開幕戦だし、ファンとしてはまあ仕方ねえなあ~、グランドスラムになりゃもうワンランクあげれるよ、という気持ちはありありだけども。

錦織選手に関しては本当にあのベルディヒを相手に完全に試合をリードしていたし、フォアハンドの威力はもちろんのこと、バックハンドの切れもましていた。
マチュー戦は残念だったが、年齢を考えると将来がありすぎて怖いぐらいだ。これからフェデラーやナダルと大舞台で対峙するときが来るだろう、その時は日本人として、錦織選手を応援したい。
[ 2009/01/10 11:17 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。