テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

369258.jpg
上海マスターズが始まった。
ナダルが欠場というなかでノリノリシモンがやってきた。
マレーは予想通りロディックを下し、貴重な1勝をあげた。

一方フェデラーはというと出だしから調子がよさげで、バックハンドもいい感じ、ややファーストサービスの入りがよくなかったがなんとかファーストセットをとった。

ただシモンの粘着プレーとフォアハンド、バックハンドともフラット気味のショットがすごい。びっくりしたのが、フェデラーの強烈なストレートのフォアハンドをバックハンドでかえすところ。ナダルであってもなかなか返球できないレベルの球を返してくる。途中からシモンが右利きフラット気味のナダルにみえてきた。もう何でも返す返す。ときおり見せる強烈なラリーの応酬はものすごいレベルで久しぶりにラリーで興奮した気がする。

ファーストセットはとったけれでも、このままこの粘着プレーが続けばフェデラーも強打せずにはいられない→フォアハンドのストレートを多用→ミスが増える→第3セットにもつれたらまずい・・・・
そんな展開で負けた気がする。

動きを見るとそんなに問題はなかったように見えたが、背中にまだ痛みが走るのだろうか?バックハンドもかなりよかったし、フォアハンドの威力もそんなに悪くなかった(ちと後半はまずかった)。ただシモンのテニスというかあのフラット気味のショットがすごすぎた。まるで今年の全豪のティプレビッチを見ているよう。どうも粘着プレーに苦手な傾向があるフェデラーの修正っぷりがこれからの見せ場になってくる、来年フレンチをとる上で粘着プレーを完璧に攻略せずにはいられない。


Djokovic 75 63 del Potro
Davydenko 67(6) 64 76(0) Tsonga
Murray  64 16 61 Roddick

Red
Federer 0-1
Murray 1-0
Roddick 0-1
Simon 1-0

Gold
Djokovic 1-0
Davydenko 1-0
Tsonga 0-1
del Potro 0-1
[ 2008/11/11 07:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。