テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そろって棄権


ブレーク戦どうだったかなと思い、ネットでチェックすると棄権。しかもナルバンディアンがマレーに勝っているし、ツォンガもロディックに勝った。ナダルは順当かなと思ったら、おいおい、棄権。

全ての予想が当たらないというのも初めてだが、それよりも現地の人がかわいそうだよな、予想としては順当にナダルが勝ち上がり、勢いにのったマレーがナダルと死闘を繰り広げるが、最後にナダルががぶり寄りみたいな。ボトムはフェデラーがブレークに余裕の勝利で五輪のリベンジを果たし、ツォンガの勢いをビッグサーブで意外にあっさりロディックが勝ち、久しぶりのロディック戦。全てがフィットしだしたフェデラーになすすべなく、決勝でナダルと・・・・・・・・・・・・・。

フェデラーも初めての棄権ということで、もうすでに来年の全豪オープンを見据えている感じもするし、MONOでなくてよかった、上海はさすがに出場するかもしれないが、たぶん体に少しでも無理が出ると迷わずフェデラー陣営が棄権を叫ぶ、今はそんな状態かもしれない。

この終盤戦にきてデルポトロも足の爪で上海出場あやうしか、ジョコビッチもいまいちだ、ナンバー1,2そろっての棄権、あらためてATPツアーの過酷さを物語っている、やっぱりテニスって世界のプロスポーツの中でも過酷さは群を抜いている気がする。ゴルフよりも賞金も少ないし、大会が続けてあるっていうのも選手にとっては、出たいけどもフィジカルがみたいな葛藤が常にあるだろうし。
1年間安定して戦い抜くことができるようなハードトレーニングの厳しさは想像に難くない、さらなる尊敬の念をもってテニスを見るべきだと自分の胸に強く思いました。
[ 2008/11/01 08:52 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。