テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アングル



(7)D Nalbandian (ARG) d (5)A Roddick (USA) 62 76(4)
(1)R Federer (SUI) d (4)I Ljubicic (CRO) 76(2) 64


予想通り、フェデラーの1位通過で、今日のナダルとデンコの勝者とセミファイナルを戦うことが決まりました。どちらも結構いい感じでフィットしてきているのでタフな試合になることが間違いないが、そこはフェデラー。先日の記事にも書いたように彼のセミファイナルでの負けを久しく見たことがないので決勝に行ってくれるだろう。


リュビチッチもファーストが入っていればな~~~~って感じだけど、試合終了のときの笑顔からすると精一杯やったと思うし、彼のサーブは今後も脅威になることは間違いない。フォアハンドも以前よりも安定感があったし、しいていうなればメンタルかな?


大事なところでのポイントがとれないとか、大事なところでファーストが入らないとか、これはロディックにも共通するところだけど、フェデラーと試合すると、やはりなにかすごいプレッシャーがかかるのだろうか?と思えてしまう。


フェデラーに関して言えば、バックハンドの安定感が抜群でロディック戦とはうってかわって、クロスのアングルのパッシングがさえていましたね。


ナダルにはぜひ勝ってもらい、久し振りの1位VS2位対決を見せて欲しいもんだ。そこで成熟したバックハンドで今年4敗しているリベンジをやったもらいたいもんですね。


ところで昨日の試合のカメラアングルってどうなんだろう?スピード感は伝わるんですが、どうもしっくりこない、、、、、、、早く直して、ポイント間は早く座ってね。

[ 2006/11/17 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。