テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーストラリアンオープン全豪総括2012年

3232323.jpg

またしてもとっても時期はずれな更新であります。
もう少しタイムリーにアップしないといけないとはわかっているのだが、どうもツイッターで簡単につぶやけてしまうので更新した気になってしまう今日この頃です。

ということでATPのサイトから丸コピーですが、フェデラーの全豪の対戦相手は以下。

R128 Alexander Kudryavtsev (RUS) 172 W 7-5, 6-2, 6-2
R64 Andreas Beck (GER) 93 W W/O
R32 Ivo Karlovic (CRO) 57 W 7-6(6), 7-5, 6-3
R16 Bernard Tomic (AUS) 38 W 6-4, 6-2, 6-2
Q Juan Martin Del Potro (ARG) 11 W 6-4, 6-3, 6-2
S Rafael Nadal (ESP) 2 L 7-6(5), 2-6, 6-7(5), 4-6

全豪の前のドーハではツォンガ戦を前に背中の違和感でなんとフェデラーにしては非常にめずらしい棄権ということでファンの皆様は僕と同様かなり不安でいっぱいの全豪観戦だったのではないでしょうか?

そんな感じでスタートした全豪なので1回戦から心配して、普段ほとんどみない会見スクリプトまでチェックしてしまいました。
「練習もフルでできているし問題ない」とは本人の談でしたのでほっと胸をなでおろしましたが、なんと2回戦の相手が棄権で、次戦はカルロビッチと対戦ということで別の意味で非~~~~~常に危険なスケジュール。
こういうところで当たりたくない人ナンバーワンの選手でしょう。(今のこういうところで当たりたくない選手ランキングNo.1は錦織選手に勝手に決定しましたが。)

ビッグサーブにものの見事に対処しなんとストレート勝ち。次のトミッチはジモピー&今から伸びてくる若手選手有望株のうちの一人なのでこれまた少し心配しましたが、ストレートで勝利しました。
トミッチのストロークの構えが独特でタイミングが取りづらいふうに見えましたが、対戦相手はどうなんでしょうか、なんかがっちりと構えないストロークが独特でした。

で、問題のデルポトロ。自分の中でも全豪のターニングポイントかと思いましたが、デルポトロのミスが多すぎてフェデラーとファンにとっては苦い思い出のUSオープン戦とは比べることのできないレベルでした。ただストロークはやっぱり怖い選手。復調してくるんでしょうか。(ちなみにこういうところで当たりたくない選手ランキングNo.2です。)

そして準決勝でナダルとの試合です。簡単にいうとフェデラーのフォアのミスが多く、いつもよりやや攻撃性に劣り、ナダルの調子がすごすぎた!!につきると思います。もうなんかそれだけって感じの試合でした。
ナダル戦といえば去年の年末のファイナルですが、サーフェースが遅いとこうまで展開がかわるもんかという典型的なナダル節が試合のアチコチにほうりこまれた試合でした。
全仏でまたもしナダルと対戦することがあったらフェデラーの勝利を予想することを妄想することを諦めさせるには十分な試合だったんじゃないでしょうか。

それは決勝でのジョコとの死闘を見ればよくわかる。ナダルが勝ってもおかしくなし試合でした。あそこまでタフなスタイルでないと切り崩せない。ジョコのスタイルとフェデラーのスタイルは違うのですが、フェデラーが5セットでナダル相手に攻撃し続けるには遅いサーフェスでは非常に厳しいものだという現実をつきつけられました。

ジョコはクオリティが高い球(スピンがしっかり掛かってなおかつ早い球)をずっと供給し続ける能力が現在選手の中で一番高い。それであの死闘。フェデラーが遅いサーフェスでの戦い方をフラット系のボールで決める以外の戦略というかもう対ナダル用戦略を改めなければいけないでしょう。

体は問題ないらしいので今年もがんばれフェデラー!!

[ 2012/02/10 11:15 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。