テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フェデラー徐々に。

123231131231.jpg

さてマドリッドオープンでは準決勝でナダルとまた対決となりました。
このマドリッドオープンでは注目すべきポイントがいくつもありました。

1.ナダルとデルポトロの対決。
2.ジョコビッチが順当にいけば決勝に進出、フェデラー・ナダルのどっちとやっても興味深い。
3.フェデラーはソダーリングに勝ってナダルと対決なるか
4.ジョコビッチはどこまでナダルとやれるか。

デルポトロが上り調子だったのになんとまたしても怪我でナダル戦を棄権。残念ながら全仏オープン欠場のニュースも入ってきました。
やはり彼のプレーは相当フィジカルを酷使するのだろう、彼のタッパであのプレーを続けることは相当な負荷がかかることは簡単に予想はできるのだが全仏の前にそれがやってきたことは彼にとって良かったのか、悪かったのか・・・。

棄権という話題でいえば錦織君がここにきて腎臓をやられた。かなり良い感じで調整はできてたはずなのに、このタイミングかと誰しも思ったはずだ。
錦織君は外見からしてかなり神経質とみてとれる。この腎臓疾患はストレスからきたと僕はみてるが、どうだろう。
全仏に間に合うのだろうか。。。

マドリッドでは無事に?フェデラーVSナダルとなったが、5-7, 6-1, 6-3でフェデラーがまたしても負けてしまった。
しかしこの試合全体を通してフェデラーのいつものプレーが見られた。こういう試合を彼は魅せてくれるからフェデラーのファンはやめられない!そんな感じのプレーが随所に見ることが出来、

第1セットはミスが多い中、良いプレーが良いときにでた。第2セットは雑!!すぎ第3セットはナダルのスーパー切り返しもあったがバックハンドも良かったしなによりストロークにキレがあった。

逆にこの試合よりも注目はジョコとの決勝。
まさにジョコの完璧な勝利といってもいいだろう。ストローク戦は6:4ぐらいでジョコがペースをコントロールしていた感じだ。
ナダル戦だとどうしてもバックハンド狙いが多いが、ジョコは決してそんなことはなくうまくフォアハンドとバックハンドに球を散らすのに対してナダルの攻めはどうしてもバックハンドにいきがち。サーブも完全にジョコに読まれていた感じだ。

ナダルに勝利したことでジョコの自信もアップし(喜びかたが半端ではなかった、実は今年の目標はクレーでナダルをやぶり全仏をとりにいくことかもしれない)がぜん全仏でも優勝候補となった。

今おこなわれているローマ大会でも同じような戦いになると予想される。フェデラーは確実に勝って準決勝でもう一度ナダルと対戦し、全仏を最高の状態で迎えたい。勝っても負けても。
[ 2011/05/12 12:03 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。