テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうしたフェデラー

フェデラーがナダルに
6-3,6-2でこれは完敗したといっていいだろう。

内容は見ての通りあまりにフェデラーのエラーが多かったので、フォアハンド、バックハンドやボレー別に集計してみた。
アンフォースドエラーの判断は難しく、たとえばフェデラーがナダルのサーブを積極的にエースを狙いにいったリターンがネットにかかった時は、これはどちらのエラーになるのだろうか、たぶんフェデラー本人はフォースドエラーというに違いない。

なのでこれはあくまで個人的見解がたぶんに含んでいるので統計的なデーターとしてあまり意味をなさないと思うが、見て頂くとあることがわかると思う。
※極力、お互い相手のウイナーに近い球や深すぎて厳しすぎる球はアンフォースドエラーには換算していない

sore.gif

これじゃ勝てねえ!!

フェデラーはフォアハンドのエラーがバックハンドよりも上回っています。攻撃なフェデラーですので多少のエラーはしかたありませんが、一応そういうエラーは極力いれないようにしているので、あきらかに本来のフェデラーではない出来というのがわかります。

久しぶりのナダルとの戦いで最終セットまでフェデラーのストロークのタイミングが合わなかったのか、体調が悪かったのかはわかりませんが、あらためてナダルのエラーの少なさには感嘆するばかりです。

ジョコビッチがあいかわらずの調子でナダルを破り優勝しました。ジョコがどれだけこれからのクレーシーズンで活躍できるかによっては、ナダルとフェデラーの立ち位置がまた去年と様変わりしてくると思われます。

フェデラーのフォアハンドはそこそこ安定はしていると思うので、ナダル戦はたまたまだったと思い、あまり悲観せずにこれからも楽しみたいと思います。フェデラーは全仏王者でもありますから。


5646ssassa46.jpg

[ 2011/04/05 09:26 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。