テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナダル優勝


ウインブルドン決勝にフェデラーがいないとなにかしっくりこない。ウインブルドンがなにか別物のよう。
フェデラーが決勝にいないのはなんと8年ぶりらしい・・・・

ナダルが3-1ぐらいで苦労しながら勝つかなと予想していたが、3-0のストレートでの優勝。
ナダルはこれでウインブルドン2勝目は、すでにウインブルドンはビッグサーバーが有利ではあるが、一昔前よりも格段にその有利さは目減りし、男子テニスのストローク全盛時代(ストロークのレベルがある一定のレベル以上でないとそれ以外の要素がすごかろうとやっていけない時代)の現在進行形をみてとれる。
ウインブルドンらしい戦いが見れないのかと思うと残念な気がするが。

ソダーリングやデルポトロ、ベルディヒなどのフラット系に近い高速ストロークを持つ選手がのきなみトップに踊りでてきている。(デルポは怪我が残念だが)
この決勝もそんなサーブもストロークもメンタルも高いレベルで安定してきているベルディヒ相手に苦労するものかと思われたが、、、結果はみてのとおり。

この試合のポイントはナダルのサーブとメンタルだろう。
まず下記第1セットにおけるサーブにおけるポイント

左ベルディヒ 右ナダル
Winning % on 1st Serve 67 % 92 %
Winning % on 2nd Serve 54 % 63 %

ナダルが異常に高い、これはベルディヒがコースが読めていない&ナダルのサーブがきれていることの証明だ。
しかもナダルはファーストサーブの確率を
60%、65%、80%とあげてきている。

ナダルのセカンドサーブはスピードも遅いしたたきまくれるものと思ってきたが、やはり以前とは比べ進化しているのだろう、ソダーリングもベルディヒも攻撃し続けることができなかった。

ナダルの体調しだいだとは思うが全米でもこのままだと決勝にこれるんじゃないだろうか?
ベルディヒに敗れたフェデラーはどうも怪我らしい、安心でもあり(まあ一応負けた原因がはっきりする、いろいろ言われているみたいだが・・・)、心配だ。
はたして全米まで間に合うのか?全豪での出来を見てしまうと今年もいけると思ったんだが、、、。

[ 2010/07/05 11:29 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。