テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

優勝!!


イギリス期待の星、アンディ・マレーをストレートで下し3年ぶりの優勝で幕を閉じた。
第2ゲームのマレーサーブでいきなりブレイクしたのだが、そのゲームでのバックのストレートのウイナーがこの試合におけるフェデラーの意気込みを内外に知らせた、そんな感じのショットだった。しかもバックハンドの丁寧さが目立つ!!!

それからのバックハンドは多少ミスもあったが、強打もありアングルもあり(全盛期をおもわすような、最近そんなショット打ってなかったっすよ、フェデラーさん)しかもサーブの確率は決勝が一番高く、若干後ろでゲームをするマレーに対してドロップも多様、という決勝で僕が魅せて欲しいなあと思うプレーが満載であった。

去年の全豪でのふがいないとも言える最終セットでの突然のくずれや、全米でのサーブの悪さがすでの頭の片隅にきっちりとおさまっていたので、最後までもちろん安心しては見れなかった。
第3セットも2-5になった時はフルセットも考えたが、マレーもどうやらフィジカルに問題があったのかどうも顔がさえないと思ったらタイブレークにもちこまれ、フェデラーの粘りにとうとう負けてしまった。
マレーの涙にはきっと来年のリベンジではなく今年のリベンジは今年のうちにという誓いがあったに違いない。

兎に角、最高のスタートがきれたのはいうまでもなく厳しいとは思うが、年間グランドスラムを狙いにいこうじゃないか!!
5646431354456.jpg
[ 2010/02/01 08:02 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。