テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソダーリングやっぱりおまえは強かった


いきなり第1セットの第1ゲーム、フェデラーのサービスゲームだったがなかなかキープできない。
なんかいやな予感はしたのだがそんなファンの心配すぎる思いはすぐにふっとんだ。

ソダーリングのいいサーブをいいリターンで返し、ソダーリングの高い打点からのフラット気味な球を見事に返し第1セットはなんと6-0でとってしまった。ソダーリングは強烈なファーストサービスが71%もはいっていたのにスコアがこれな理由はフェデラーのリターン力の素晴らしさだろう。

第2セットもソダーリングの勢いは衰えなかったがフェデラーの勢いもとまらずこのセットを奪ったがここでラケットは折ったが、心が折れなかったソダーリングが脅威の粘りを見せ第3セットをタイブレークでとり、第4セットもタイブレークまでもちこみあわやフルセットか!?というところまで緊迫した試合を魅せてくれた。

第3セットを取り損ねたフェデラーのメンタルが揺らいだのは間違いないだろう、5-2の時点でとりきれなかったのがその後のプレーに響いたのは明白だ。

ソダーリングのあの長い腕からのストロークは本当にすごかったがこの試合では要所要所のフェデラーのサービスが光った試合でもあり強い時のフェデラーの真骨頂でもあったような気がする。

次戦は調子のあがっているジョコだ。ソダーリング戦の序盤の集中力とプレーを続けることができれば勝てるだろうが、1セットは確実にとられるだろう。フルセットも覚悟の厳しい戦いになることは間違いない。

ナダルはさすがに化け物で怪我も関係なくモンフィスを破り今、ゴンザレスと試合中だ。怪我は治っていないかもしれないが彼のことだ、痛み止めを打って試合をしているかもしれない。
脅威のメンタルでゴンちゃんをやぶってくるに違いない。

毎回いっているかもしれないが去年以上に面白い!!
[ 2009/09/11 08:58 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。