テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全米開幕!


やはりどのクラスの大会でも1回戦は怖いもので、できれば接戦はさけたいとファンも本人も思っているものだ。
相手のブリットンはあまり目立ったプレーもなく、まだ18歳と言うことで経験も浅く、プレーの荒さが目立っていた。
ただインカレで優勝してプロに転向したばっかりで初のグランドスラムでフェデラーと対戦する事は経験値としてレベルが3つほど上がったに違いない。

2回戦はこれまた初見のグロイルというドイツの選手。
なんだかガツガツのストローカーで、ツアーの中でもまあよくあるパターンの選手といってもいいかもしれない。
サーブがそんなにでもなく、前にあまりでることなくストロークで試合を組み立てる選手だ。

試合が進むごとにグロイルのストロークも決まり出すが、フェデラーも負けじとすごいストロークで返す!
これ本当に2回戦の試合か!というぐらいフェデラーの動きもかなりきれていたし、ストロークも総じてよかった。唯一気になったのはバックのストレートをことごとくミスっていた点だ。
とにかくグランドスラム2回戦でこれほどおもしろかった試合はあまり覚えがないぐらい見応えのある試合だった。
次戦がヒューイットということを考えると、最高の2回戦だったといえるがここ最近のヒューイットの調子の良さも考えるとストレートで勝つことは難しくかなりナイスなゲームになると予想する。

マレーもナダル、その他気になる選手も順調に1回戦を突破した。伊達さんは残念でした、負けたのが日本人選手の瀬間だったのが良かったのか悪かったのか、、、、、。
痙攣の専門家に期待大です。
[ 2009/09/01 08:48 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。