テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復活!


前回のフェデラーのバックハンドの厳しい現実を感じさせられた大会からすぐに始まるソニーエリクソン。

なんとフェデラーの相手はテイラー・デント。珍しいサーブアンドボレープレーヤでたしか2,3年前に怪我をしてリハビリにはげんでいた。なんかのグランドスラムでインタビュアーの仕事をやっていたのでてっきり怪我がひどく引退したものだとばっかり思っていた。写真をみればわかるが、がたいのいいワイルドすぎる織田裕二だ。
そんなブランクをものともせずサーブアンドボレーをするプレーには相当なトレーニングを積んだに違いない、これからどこまでそのプレーが今のトップ10に通用するか楽しみな選手だ。

そんなデント相手に無事にストレートに勝ったが次戦は久しぶりのロディックだ。このところ好調さをキープしているロディックなのでネットに出ずにマレーのような粘着プレーを続けられたらフェデラーが負けることも十分考えることができる。バックハンドに球を必要以上に集められると安心できないのが今のフェデラーなのでロディックの作戦に注目の試合だ。

トップハーフは順当にナダルとマレーが勝ち上がってくると思うが、おもしろいのがフェデラーの弟分のバブリンカVSナダル戦だ。バブリンカはフォアよりもバックハンドに安定度のある選手どうナダルと対峙するのか興味のある試合だ。
[ 2009/04/01 10:32 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。