テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボレーと粘着


ロディック戦はストレートで勝利。ビッグサーバーとの試合は2セットアップになっても不安要素は一杯。
フェデラーのサーブいかんではいつ逆転されてもおかしくないからだが、特にファーストセットを見てると、どうも昨日のロディックは固かった。
とにかくロディックは早くボレーをどうにかしなくてはいけない。なんか前の試合に見た場面がいくつもあった、それが意味するところはフェデラー戦に限ってはそんなに戦略が以前と大きく変わっていないことであり、体を絞った以外あまり変化はないように感じるということ。

決勝はかなり確率でナダルが来るだろう。ここでナダルがやってくる作戦をあげると

1.サーブは8割方といってもいいぐらいバックハンド側。
2.ストロークはバックに粘着。

実はこれぐらいだったりする。
フェデラーで気になるのは、ドロップボレーの精度。実はフェデラーのプレーで一番うまくないと思っているのがドロップボレーだ。個人的にはベッカーのドロップボレーが理想で、ベッカーのそれはドロップというよりもストップボレー。ほんとにネット際に落ちてほとんどとれない。

データーをとっていないので説得力にかけるけどもサーブはほぼバックハンドで山をはりセカンドサーブをセットの最初から終わりまでたたきまくる作戦でないと、ナダルのサービスゲームは崩せない気がする。フォア側にきたサーブはあきらめるぐらいの気持ちでいっても問題はないような気がする・・・

クレーコートと同じでナダルのストロークにつきあってはだめだ。なので早めの展開で崩す、前も書いた気がするが、フォアハンドのアングルで前に出てナダルのバックハンドが甘く帰ってきたところをボレーで決めるパターン。もしくはバックハンドのクロスで決めるか。

いつもの負けパターンはナダルの粘着バックにたえきれず、バックハンドをミス。早く決めようとしてフォアもミスをしだす、そうなるとファーストサーブをいれないといけなくなるのでよけいに入らなくなる・・・と、この最悪のスパイラル。
このナダルスパイラルから抜け出して優勝できるかどうかは正直いって非常に厳しいとしかいいようがないが、あまり過度な期待はせず静観しようと思う。




[ 2009/01/30 09:15 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。