テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想。

*984565464

Round3 - ヒューイット
Round4 - フェレーロ
Quarter - ソダーリング or チリッチ or 錦織君
Semi - ジョコ or ダビデンコ or フィッシュ or ロディック
Final - ナダル ナルバンディアン マレー (たぶんマレー、もちろん希望はナダル)


注目はナルバンディアンだろう。復活して調子もよく全盛期よりも絞れている分パフォーマンスはいいかもしれない。ナルバンディアンがナダル山でどれほど暴れるかに注目したい。VSナダル戦をぜひみたい。

そして錦織君も無事予選を3回勝ち、1回戦勝てばたぶんチリッチと対戦。1回の相手はコロレフだ、大丈夫絶対勝てる!!!そして4回戦でソダーリングとだ!!魅せろ、錦織君。
スポンサーサイト
[ 2010/08/30 11:21 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)


2315656312.jpg
6-7 (5-7), 7-6 (7-1), 6-4でフィッシュを破り久しぶりの優勝だ。
全米オープン前にナダルと対決か!と完全に思っていたが、バグダディスが空気を読まないで(ファンの方すいません。)勝ってしまったのでまたまたおあずけになってしまった。
フィッシュもぱっとしない選手だったが、一念発起しフィジカルを鍛え直しかなり調子がよさそうだ。正直負けることも十分ありうると思って見ていたが、最初のセットはタイブレークでとられたもののストローク全般なかなか調子もいいし、サービスゲームも結構さくさくキープしていたので今回はやってくれると第2セットで確信した。
※フィッシュのストロークが結構ロングが多かった事も一つの要因だと。

今大会を見てもわかるようにフェデラーはあきらかにネットに出る回数が多い。
ついでに言うとバックハンドのストレートもいつもより多いような気がせんでもない。
アナコーンがついたばかりなので、当然これはコーチの指導による一種の作戦のようなものと思って間違いない。

だとするとコーチの考えるフェデラーの強さアップはネットアプローチなのだろうか?
サンプラス時代ならいざしらず、今のストローク全盛時代にネットアプローチは果たして有効なのだろうか?

ここで深読みというか妄想なんだけども、WOWOWの柳さんの言葉を借りればフェデラーのテニスは流れのテニス(笑)。
人一倍負けず嫌いなフェデラーが周りの選手のストロークにつきあわされていた、いやその性格上つきあってガチンコ勝負しすぎたきらいがある。元々ストロークだけで勝負していないオールラウンダーのテニスは身を潜めていき、ストロークだけではなかなか流れるプレーができない、昔のようなプレーができなかった。(ストロークばかりではいらいらがたまる→結局集中力が続かない・・・負けスパイラルに)

そこで新しいコーチはネットに頻繁にいくことで(多少抜かれるのは織り込み済み)その流れるプレーの率をあげて、昔のプレーの感覚を取り戻させよう!そんな作戦だったら・・・以上妄想でした。

とりあえず全米前に最高に仕上げてきたが、トップの選手層は厚すぎるので1戦1戦を大事にそして慎重に観戦していきたい。ナダルとの決勝を強く期待してます。
[ 2010/08/24 09:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久しぶりの・・・

16515615312
ご無沙汰ぶりですが、ロジャーズカップの決勝(VSマレー)が雨で中断があり録画が結局最後までフォローできずに終わった為、ガオラで再放送を待ってました。
いつもの受けのテニスではなく、フェデラーのセカンドではベースラインの内側まで入り込み攻撃的なリターンを狙っていき、ストロークでも早めの攻撃を意識してた。
ただフェデラーも結構いい感じだったので、要所要所の集中力が途切れた感じでブレイクされていたので修正はきっちりしてくると思うし、まあ雨の中断もあったしね。久しぶりのタイトルは正直ほしかったが・・・。

あとポール・アナコーンのコーチですが、コーチをつけた場合に

1.技術的な向上
2.戦術の幅を広げる。
3.メンタル向上

のような経験値アップが期待できますが、フェデラーの場合はどうでしょう。
今のフェデラーから技術的向上があるのかといえば、正直これは難しい問題で、プロにしかわからないと思います。ただ僕たちが目にするような飛躍的な技術向上はないとだけは言える。いきなり両手バックハンドになるわけないしね。。

2.戦術の幅はまだまだ改良の余地があると思う。昔はワイドアングルをよく使っていて有効だった。あとよくわざと短いバックのスライスで前に引き出しパッシング!!みたいなのも最近はあまりみない、どっちかっていうと打ち合っている印象が強し。

コーチをつけて一番期待できるのは3つめのメンタル向上だと思う。正しく言えばメンタル向上というか新しい自信かな?言うに及ばず今までのメンタルタフネスっぷりを見れば、のびしろは少ないと思うがそれとはまたベクトルが違うもの。

さて今大会のシンシナティではもしかしてナダル戦もあるかもしれない。ここはバグダディスよ、空気をよもう。いや空気を読まなくてナダルは勝ってくるはずだ。
さてUSオープン前に最高の舞台がそろってしまった。USオープンも同じドローになったりして・・・・

ナダルVSバグダディスの勝者VSフェデラー

マレーVSフィッシュ
ロディックVSジョコビッチ(ロディック勝利!)
[ 2010/08/21 09:22 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。