テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もっとやれる


6-2 6-4 6-4で錦織くんがナダルに堂々とした戦いっぷりで敗退した。
ストレートとはいえ、決して一方的にやられたわけでもなく、フォアハンドの切れもフレンチよりは全然よかった。
随所にみられるセンスのあるプレーに錦織くんらしさがみえておもしろかった、サーブアンドボレーもきれいにきまっていたし、フォアのドロップショットはよかったな~~~~。
改善点はやはりサーブだろう、ブレイクポイントでダブルフォルトをしてはやはりいけない。
ナダルは逆にサーブがよすぎた感がある。
錦織くんのウインブルドンは終わったがぜひUSオープンではサーブをきっちり修正してきてほしい、楽しみだ。
スポンサーサイト
[ 2010/06/23 10:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

こらファージャ

985132123564546
なんといきなりフルセットでからくも勝利。
ファージャとは全仏とハレで戦い、そしてウインブルドンと直近の試合すべてがフェデラーという最低の運の持ち主だ。正直1回戦は軽く用心はしていたが、まさかここフェデラーの聖地ともいえるウインブルドンの1回戦でフルセットになるとは、日本がカメルーンに勝つこと以上に予想は難しかったといえる。

昨日はたまたま仕事が遅くなりチャンネルをつけたのは夜11:00まえだったろうか。
「2-0!?、ん?ゲームカウントでなくてセットカウント!!!やばい!!」
こってりとした顔つきとはうらはらに、さっぱりとした構えからなにげなく打つ感じのファージャのプレーは、がっつりスピン系でなくフラット系。フォアハンドはレフティ特有の巻きはあるがスピンが強い感じでもないが、バックハンドはなかなかすばらしい、ときおき魅せる強烈なフラットはナダルのバックハンドとよく似た印象をもった。
しかもファージャはフェデラーのようなミスも少なく、本当にいいところでファーストを入れてきた感じだ。
そんなテンポのいいというかスピーディーなテニスを魅せたファージャのテニスにアジャストするには王者も結局ファイナルセットまでかかったということだろう。
とにかく例年にないスタートをきったフェデラーだが次戦は芝の王者のプレーを魅せてほしい。
1回戦であたるには相手のプレーの質が高すぎた。

グランドスラムでは徐々にプレーの質をあげていくフェデラーにとっては厳しい戦いだったが、グランドスラムでも比較的1回戦からそれなりのプレーをしてくるのはご存じ、今夜錦織選手と対決するナダルだ。
練習の取り組み具合からもわかるようにフェデラーはリラックス、ナダルは練習でもフルスイング。
錦織くんが1回戦であたるのはナダルでなくてフェデラーだったら、ファージャ以上におもしろい展開になっていたかもしれないという妄想をいだきつつも、今夜、もう一つのワールドカップ日本代表戦が楽しみでしかたがない。

この写真では錦織くんが不良でナダルが優等生みたいだ、メンチぎり勝負では勝ってるぞ!!サッカー日本代表以上のアップセットを期待してます。
564646.gif

[ 2010/06/22 09:40 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ウインブルドンドロー

ウインブルドンのドローが発表された。
サプライズが2つ!
なんと錦織くんがナダルと1回戦、そして添田選手が予選決勝で敗れるもラッキールーザーで本戦出場。

フェデラー
2回戦   マスー
3回戦   クレメンorロブレド
4回戦   ロペスが固いだろう
準々決勝  ベルディヒorバブリンカ
準決勝   ヒューイットorチリッチorロディック 
決勝 ナダルorツォンガ

ボトムハーフでのナダルの強敵と言えばグルビス、イズナー、ユーズニー、マレー、ソダーリング、ツォンガ

注目選手は芝でどれだけいいパフォーマンスができるか、ソダーリングとビッグサーバーのイズナー、ツォンガとチリッチ、前哨戦でフェデラーを破ったヒューイットか。
それと忘れてはならないのが、去年惜敗のロディック、前哨戦でもいまいちだったがグランドスラムではまた違ってくるだろう。はたしてフェデラーの2連覇、ウインブルドン7勝目なるか、まずは1回戦をしっかりと勝ちに行きたい。
[ 2010/06/19 09:28 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ウインブルドンにはいるまえに。

456645132321
前哨戦のハレの決勝戦でヒューイットに負けてしまった。

ひそかにと言えば失礼だがヒューイットはウインブルドンのタイトルを持っていることを、優勝したニュースを見て思い出した。そうなんだよ、
「芝は経験がものをいう」
試合を見ていないのでなんともいえないが、フェデラーの体調もよろしくなかったそうで・・・・
まあ錦織くんもでたもう一つの芝の前哨戦ではナダルも負けるはロディックも負けたり、トップ選手が芝に慣れぬまま敗れ去った。
ただネットへの流れる動きはすばらしかったし、条件はほぼ同じなのでよしとし、ウインブルドン連覇を期待する。

[ 2010/06/15 14:12 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

全仏総括

ウインブルドンの前に全仏のかたよった総括をしてみた。

女子決勝について
女子テニスは、伊達・エナン以外にあまり魅力のある選手がいないのでほとんど興味がなかったのだが、女子決勝はエナンとセリーナを破ったというストーサー見たさに久しぶりに見ることにした。
セリーナ戦をハイライトで見てサーブのすごさを少しはわかったつもりだったが、やはりセリーナにパワー勝ちしたという、女ターミーネーターともいえる彼女はえぐかった。
・・・が、スキアボーネもバックハンドはエナンみたいに多彩なショットを打てるし、しかもネットプレーもダブルスプレーヤーでもあるのでうまい、オールラウンダー的要素でみるとエナンよりもその能力は高いかもしれない、サーブにかぎってはエナンよりもいいし。
こんな選手がいたんだ・・・というのが素直な感想だった。
スキアボーネのほぼ完璧に近いテニスでストーサーは敗れ去ったが、グランドスラムを手に入れるのは近いと見た。
解説によるとストーサーは1年ほど怪我でシーズンを棒にふり、1年発起してもう一度シングルでかけようと、フィジカルを鍛え直し見事に復活したという。
女子決勝を見て、今の女子テニス(もちろん男子テニスも)で上位にいくにはどう考えてもフィジカルを鍛え、ある意味、女子を捨てにいかなければ運動神経や技術でストーサーのあのサーブに追いついたとしても、力まけしてしまう。
あの男子選手なみのセカンドサーブはセリーナをも圧倒した。
奈良くるみ選手や、土居選手は残念だが今から女を捨て、フィジカルトレーニングに取り組まないとトップに食い込むことは難しいだろう。

ところでストーサーのサーブがすごすぎて、
「これ錦織くんよりも早いんじゃないの?」という素朴な疑問がわきあがったので調べたのでご参考に。
ジョコのセカンド平均に追いつきそうで笑った。


ナダルに完敗したソダーリングはじゃあどんなもんだったんだろう?
セカンド平均がジョコよりも20KMHも早い!!
ナダル戦のファーストサーブの確率が低い!!
02.gif

フェデラーやナダルなども気になったので、、、
やっぱりソダーリングのセカンドは早い!!
03.gif


[ 2010/06/12 10:11 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

悪魔的強さ

65454454545665123132.jpg
ソダーリングに3-6 6-3 7-5 6-4で敗退してしまった。
第1セットはなんとファーストサーブの確率が77%、
アンフォースドエラーが、たった3つという数字が物語るように、最高の集中をもって入ることができた。
ただソダーリングのストロークの破壊力は恐ろしかったが。

第2セットはファーストが52%におちこみセットを失う。
このセットからストロークでなかなか先手をとれない、攻撃する前にソダーリングが攻撃してくる。
ファーストサーブがやはり鍵なのか?アンフォースドエラー 10

第3セットでもソダーリングのストロークの勢いがとまらない、かといってフェデラーのサーブやプレーが悪いわけではなかった。ファーストが64%、アンフォースドエラー 7

第4セットでも悪魔のストロークは全く衰えをみせない。
第2ゲームで悪魔のサーブをブレイクした次の第3ゲームがこの試合の鍵だったきがしてならない。
ブレイクしてこのセットでの先を勝手に見てしまったのか、いきなり集中力がおち、ミスが重なりなんとブレイクバックされてしまう。
ここでキープして3-0になっていたらと思うと、、、このセットをとれてたらと思うと、、、
ただこれで悪魔のプレーの質が落ちることはなかったであろうとは想像に難くない。

お互いがキープし4-4でフェデラーサーブの第9ゲーム
ドロップのミス、バックのふかしミス、ロングが2つとこの大事な局面でミスが重なってしまう。
落としてはいけないゲームを自分のエラーでブレイクされるという王者らしからぬゲームをしてしまった。

悪魔の最後までパフォーマンスが落ちないプレーに第4セットの第3ゲーム、第9ゲームはしびれをきらし集中力が落ちたのだろうか?
第2セットからの悪魔のファーストサーブの確率は71,71,68と驚異的だ。ミスも少ない非常に悪魔的な試合を魅せてくれた。
フェデラーは去年以上に動きもいいし、バックハンドもいいし、実は今大会かなり期待していた。
決勝ではナダルと死闘を演じてくれるだろうとは思っていたが、決勝を前にぬるっと顔を出してきた赤土の悪魔はやっぱり強かった。

ただ次戦のベルディヒにころりと負けるというパターンも存在するのがテニスだ。ベルディヒもかなり調子がよさげなので悪魔退治のお手並み拝見。アルマグロは善戦はするんだろうがナダルに勝てるとは思えない、順当にナダルがあがってくるだろう。

気持ちを切り替えて次戦はハレか?
[ 2010/06/02 07:10 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。