テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弟よ。


弟弟子バブリンカに6-3、7-6、6-2で勝利した。
wowowではなんと第2セットの途中からのライブだったが、ここは録画で最初から放送してほしかった。
もう少しユーザー目線に立っていれば、この試合がライブ中継が必要な試合かどうかはおのずと答えがでてくるはずだ。
この試合の解説は鍋島さんと坂本正秀さんという最強のゴールデンコンビだっただけに残念だ。

冒頭の解説にあったように弟弟子からの脱却を図らなければグランドスラムで優勝することもできないし、もちろんフェデラーを超えることもできないと悟ったバブリンカは昔はフェデラーに教えを請うていたが、最近はめっきり聞かなくなった。

そんな兄貴越えをもくろんでいたが第2セットのタイブレークでリードするも、フェデラーにさらに集中をあげられ、大事なチャンスを逃してしまった。このセットをとればなんとか光明が見えるのではないかという思いもあったのだろう、ラケットを3回もたたきつけ壊してしまい注意をうける。

解説の坂本さんも
「これはスポーツマンシップとしてはよろしくないが、フェデラーに負けて当然と思う選手もいる中であそこまで悔しがるのはいい傾向だ」と。

そう、そしてそんな悔しい気持ちをラケットに向けずに冷静に自分に向け、そしてうまく処理することができたときにさらに一段上のレベルに上がれると思う。

そして最後はスマッシュで決めた兄貴の顔には、弟弟子に対する憂いを帯びた表情をしているように見えた。
-------------------------------------------
その他の試合に目を向ければ結構予想がはずれまくっていることに気づく。
まずフェレーロ・ルがなんと両方ともダウン。フェレールはくると思ったんだけどな~~~。どうも彼はグランドスラムでいい成績をあんまり残していないのはメンタルがグランドスラムになると少し落ち込むのだろうか?錦織くんにも負けてるしね。

それとなぜかロディックではなく、ジネプリがきているのも全く予想できないことだった。

ツォンガVSユーズニーという激戦必至なおもしろそうなカードだったのになんとツォンガが途中棄権でユーズニーが勝ち上がることに(次戦はベルディヒ)。ツォンガは私の期待をことごとく裏切る選手なのがよくわかる。

フェデラーは去年、決勝での対戦相手のソダーリングとあたることになってしまった。
彼の勝ち上がりを見ると、ストレートではなかなか勝たしてくれないだろう、心して見なければならない・・・。

スポンサーサイト
[ 2010/05/31 10:11 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

これからもいける


ジョコ相手に1-6, 4-6, 4-6で負けてしまった。

いいところもあったがミスが早すぎる場面も多々あり大事な局面でいいポイントを連続でとれないのは経験不足か、怪我あけなのか。

見ての通りジョコのダブルフォルトが尋常でなく、普段のジョコよりもパフォーマンスがいい試合であったとはいいにくい、全仏までのジョコの調子のアップダウンをみてもそれはよくわかる。

ストレートで負けたにせよ、第2,第3セットのプレーの内容は十二分にジョコを自由にプレーをさせなかった。
しかもジョコは世界3位というランキングを持つ、ジョコがどういう状態であれ、そんな相手に通用するプレーができることを証明したことは大きい。

錦織選手がインタビューで答えた
「充実感もあるし悔しい気持ちもあるしまざった感じ」
ジョコとの試合はこの言葉にすべて集約されていると感じる。

一方フェデラーはストレートで次戦はバブに決まった。ここは正念場であろう、もう一段レベルをあげなけりゃ足下をすくわれる相手だ。バックハンド対決が楽しみだ。

それとツォンガVSデ・バッガーとの戦いを見たが、デ・バッガーが若いのにすべてを持っていることにびびる(サーブ、ストローク、メンタル、フィジカル193センチ)。よくもまあツォンガのあのハードヒットの攻撃に一方的にならずにすんだものだ、確実にこれからツアーに顔をだしてくるに違いない。

あとwowowさんはレザイではなくフェデラー戦を放送するべきだったことを最後に愚痴って終わる。
[ 2010/05/29 09:52 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

伊達無念


グロスに6-0 6-3で敗れた。
雨で遅れた試合は伊達にとっては有利と思えたがが、そんな時間では伊達選手の足は回復しない。
試合の前に解説の坂本さんが

坂本「足の事はもうきかないよ」
伊達「若くないので回復することはありません」と笑顔で答えたそうだ。(あいまいにしか覚えてないのでたぶんこんなニュアンス)

伊達さんはやまとなでしこではなく、中身は武士か悟りの境地に入った僧のようにも感じた。
伊達さんが100%戦えなかった分を錦織くんが魅せてくれることを期待せずにはいられない。
[ 2010/05/28 09:18 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

伊達選手

ドローを見たとき、あらかた負けを予想していたというかあきらめていた、サフィーナのいかつさを知っているテニスファンの8割方はそう思ったに違いない。

しかも

21日、本番会場での練習。真夏のような強い日差しの中、やや慎重なフットワークでボールを打った。「ここ2日続けて練習して痛みはまだ出てこない。回復に向かっているのかな」。患部のテーピングが目をひく。今週出場予定だったワルシャワの大会は、練習2日目で痛みが出て棄権した。前週のマドリードの大会に続く出場見送りだったが「暖かい方が脚にはいい」と暑さを歓迎する。


こんな状態のクルムがあのフェデラーと同じぐらいの身の丈のサフィーナとガチンコをやれるとは誰もが予想できなかった。
dsadsa.jpg
が勝手な僕たちの予想を裏切りまくりサフィーナのパワフルストロークに押される場面はもちろん多かったが、タイミングの早さやコース・そしてフラットで圧倒した場面もそれ以上にあった。
なによりサーブの向上が目覚ましい、フィジカルではサフィーナの半分くらいしかないのにテニスの幅というか魅力はサフィーナ(というかパワー一辺倒女子テニス)3倍はあったろう。
ドロップあり、球の緩急(特に第2セットの第4か5ゲームでのタイミングの早い浅いスライスは圧巻→最後はドロップで)あり、ネットプレーあり、そして第3セットの不屈の頭身。

奈良や土居、森田は残念だったが技術うんぬんかんぬんの前にこの試合の伊達に学ぶところは大学ノート1冊あっても足らないだろう。伊達以上の練習をやっているかと聞かれてはたして「はい!誰よりもやっている自信はあります!!」と即答できる日本人選手はいったい何人いるだろうか?(←やってたらすいません)

この試合のDVDを日本の女子テニスだけでなく日本の男子テニス全員、いやもうすぐはじまるサムライブルー(完全に名前負け)と呼ばれているサッカー日本代表選手にも送って見ていただきたい。
晩節を汚した柔ちゃんなのでこれで名実ともに日本で最高の女子アスリートとなったクルム伊達選手に拍手と国民栄誉賞をあげたい。

写真祭り


321654646.jpg
5666561156.jpg
9879645615132.jpg
1326564654456564.jpg
98756132132123321.jpg
[ 2010/05/26 07:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

全仏スタート!そして予想

フェデラー山

2回戦
VSファリャ(ティプレビッチちょっと怖いと思ったけどこの人知りません)

3回戦
ロクスor男前ロペス(ロクスがくるような)

4回戦
バブorモンフィス(全然知らない人がくるかも)

準々決勝
チリッチorソダーリング(グルビスくるかと思ったが棄権で負けた、助かったがやっぱりソダーリングが怖い。)

準決勝
ユーズニーorロブレドorツォンガ(全く読めない、だたマレーはこないと思う)

決勝
ナダル

ナダル山

2回戦
フィッシャー

3回戦
ヒューイットorベッカー

4回戦
リュビチッチorボレッリ

準々決勝
ベルダスコorコールシュライバーorアルマグロorゴンザレス(ベルダスコちょっと頭半分くらいでてるか)

準決勝
錦織orフェレールorフェレーラorジョコ(錦織くんがんばれ)

決勝
フェデラー

特別錦織くんが1回戦勝った場合の山

2回戦
ジョコVS錦織

3回戦
ハネスク(知らない人が多いのでわからん)

4回戦
フェレーロ

準々決勝
フェレール

準決勝
ナダル

決勝
フェデラー
----------------------------
フェデラー、ナダルとも準々決勝がキモだ。錦織くんは毎回キモ、今回は女子も気になる、なんと予選から奈良と土井が本戦出場、伊達、森田がどこまで善戦するのか。これ女子と錦織くんが勝ち上がったらwowow編成が大変だね。
[ 2010/05/24 11:06 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ナダルに敗退・・・だが・・・

45654654
フェデラーVSナダルって実は去年のこの大会以来のマッチだったのだ。ナダルがグランドスラムで決勝までこれず、逆にフェデラーがツアー大会で上位にいけず、一時のことを思うとフェデラー・ナダルの2強時代もすでに過去のものとなってしまったか。

1年ぶりの対戦なのか少しぎこちないスタート感はいなめなかったが、第2ゲームでフェデラーのバックハンドクロスの強烈な一打が決まる。

戦略はナダルはセオリー通りのフェデラーのバックハンド攻め。対してフェデラーも同じだが今までと一つだけ違っていた、冒頭のバックハンドのクロスへの強打(ナダル側はフォアハンドになる)だ。

もちろん久しぶりのナダルのバックハンド攻めにミスりながら(結構ミスしてた)も、ときおりバックハンドクロスを決めてくる、このショットを打つ確率は今までのナダルとの試合では感覚的には一番多かったと思えた。

そしてもう一つこの試合ではことごとくドロップショットが決まっていた。これも今まで以上に。
たぶんこの二つのポイントが僕としては際だって見えたため、負けて当然悔しいのだが思った以上にそれほど悔しくない理由と考えられる。

ナダルはクレーマスターズ3連勝という偉業をなしとげフィジカル的にも申し分ないままほぼ完璧な状態(たぶん)で全仏に入ってきた。去年とは全く違う全仏が味わえるに違いない。

錦織選手がなんと下位大会ではあるが2大会連続優勝でしかもプロテクトで全仏本戦に出場することが決まった!!
全仏のドローは金曜日発表らしいがぜひともトップ10選手とあたって、そしてサプライズを起こしてほしいものだ!!
毎年言っているが今年の全仏はおもしろい!!!!

[ 2010/05/19 09:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

グルビス!!



今年のクレーシーズンはローマからでいきなりグルビスと戦って負け、まあ初戦だしなと余裕をぶっこいていたらエストリルでモンタネスにいいとこで負ける、、、
い、いやまだまだクレーシーズンはまだ始まったばかりだよといいわけを考えているとすでに全仏までの最後の大会(マドリッド)だよ、気づけば。
さすがに気合いを入れに来たのか、それともクレーにフィットしてきたのかまあ尻上がりに調子をあげてきたと見るが、初優勝した去年の全仏までってフェデラーの成績が気になったので調べてみたが、バブに負けそしてローマではジョコに負けてる。しかも自分の記事を見るとこのころはまさか全仏をとるとも全く思っておらずローマまでは目の前の1勝などともほざいている。
そう考えると去年も今年もさほど変わらない気がしてきた、とりあえずグルビスへの連敗は避けたいところだ。

ドロー
フェデラーVSグルビス(ここでバシッとしばきたい)
マレーVSフェレール(フェレールはナダルについでの水を得た魚大賞)
アルマグロVSメルツァー(ベルダスコは疲れで負けたような気がするのでアルマグロ)
ナダルVSモンフィス(betでいえばナダル1.2倍くらいか)



[ 2010/05/14 10:08 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。