テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツォ、ツォンガ!

987546132312.jpg
ツォンガが最悪でフェデラーが普通、ツォンガのセンスを垣間見ることなく、そんなプレーを目の前にする前にミスっていた。とにかくミスがはやく長いラリーなんぞほとんどなかった試合だった。
マレーVSチリッチとの準決勝と比べるとフェデラーVSツォンガの試合のほうがネームバリューは3倍ぐらいだが、試合内容でいくと5分の1くらいだろうか。

そういうわけでフェデラーの調子がああだこうだとか言う前の試合だったが、確実にいえることは今年も決勝まで進めたこと。他のトップ選手が怪我などで戦線離脱していく中、王者としてマレーの前に立てたことはやはりフェデラーが今年もフェデラーであることの一つの指標であり、年々衰えていく説に対して実力で魅せていくというフェデラーの姿ともいえる。

チリッチを退けたノリノリのマレーはフェデラーのお得意のポール回し以上のポール回しを決め、確固たる自信と共に決勝にやってきた。2008年のUSオープンでフェデラーに敗れたマレーは記憶に新しいが確実にそのときよりもフィジカルとメンタルは向上しているはずで、それももちろんわかっているフェデラーがマレーにに対して気負うことなくファーストセットがとれれば久しぶりの全豪優勝も難しくないはずだ。
スポンサーサイト
[ 2010/01/30 13:19 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

あぶねえ・・


ダビデンコにからくも勝った感じ。
ダビデンコの謎の失速以上にフェデラーがよかった点はサーブ力につきるだろう。
0-40からの連続サーブポイントはいつぞやのフェデラーかサンプラスを彷彿とさせ、王者にそなわっている一つの特殊能力といっていいかもしれない。

結局ジョコが体調不良みたくツォンガとグランドスラム初顔合わせだ。彼のセンスとフェデラーのセンスが混じりあい、うまい具合に化学反応が起こるととんでもないビッグゲームになる可能性を秘めている。

ビッグゲームをものにして去年の屈辱をはらすべく、ヒューイット戦のリラックステニスを決勝で披露してほしいところだ。
[ 2010/01/28 19:53 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

初観戦


諸事情でくそ忙しくなり、フェデラーの初観戦はヒューイット戦となってしまった。
それまではyoutubeでの観戦であったが、なかなかに素晴らしい編集されているかたがいてるみたいで、多少なりともフェデラーの調子はつかめていたつもりだった。

ヒューイット戦と見て思ったのはまず
ヒューイットのストロークと今のトップ10のストロークの差。
やはりパワフルさとスピード感が圧倒的に足らないとおもった。あまりスピンもかけないのでフェデラーとしてもどちらかといえば得意げなスタイル。
もう一つ感じたのはフェデラーのフットワークの良さでなんともいえない軽い感じに思えた。なかなかに調子が良いのだろう。特にバックハンドのストレートがよく、あれが決まってくるとフェデラー強し!!

でトップ8が決まった。

フェデラーVSダビデンコ
ジョコVSツォンガ
チリッチVSロディック
ナダルVSマレー

どれも面白そうだが、注目は以前からチェックしている動ける大きい人のチリッチVSロディックだろう。
ここらで一挙にブレイクしたいチリッチはたぶんロディックをフルセットの末、勝利しナダルVSマレーの勝者に負けると予想。
ナダルVSマレーはすごく難しい。。。ここはマレーとみた。

さてフェデラー山も相当に厳しく、最近天敵にかわったダビデンコの勢いをここで止められるか?ってとこだけど確実にストレートで勝てる相手ではないことはたしかだ、もつれるに違いない。
そこで勝ったとしてもジョコかツォンガだが、ここはお気に入りのツォンガと予想。
決勝はフェデラーVSマレーとみたが、どうだろうか・・・・
[ 2010/01/26 13:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エナンVSキム

見てる途中から女子テニスではなくて男子テニスに見えてきました!!
キムのバックもすごいしエナンはこれ復帰戦なんですけど、、、

ナダルVSダビデンコよりもすごいっす、この二人に伊達さんが勝てる姿が全く想像できない・・・
一時のセルビア勢のユーミンと岩野ビッチさん達の勢いはいずこへ・・・・って感じでビーナス姉妹とこの二人がWTAを盛り上げてくれるでしょう。

[ 2010/01/12 13:47 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

ダビデンコにまたしても敗退

2321123123
ダビデンコに6-4、6-4のストレートで負けてしまった。
第1セットのスタッツを見るとなんとダビデンコのサーブ100%%%!!!!
おいおい。。。。まさにテニスマシーン、、ダビデンコ恐るべし。

第1セットはおいておいて、第2セットはフェデラーらしからぬというか、フェデラーらしいミスを重ねてしまった。ブレイクされるときはポンポンとミスを重ねてしまうフェデラー、バックハンドのミスが目立った試合でした。
久しぶりにナダルとの対戦が見えていたのに、去年の年末でフェデラーの呪縛を打ち破ったダビデンコの吹っ切れたというか思い切ったプレーにしてやられました。まあそれほどひどい出来でもなかったので問題なしとして、、

エナンが復活しました。正直バックハンドに関してはフェデラーよりも安定感とキレを感じます。まあ本当にすごすぎるわ、、、伊達選手の復活とはまた全然違うけれどもカムバックしてすぐの試合とは思えないプレーの連続で、早くグランドスラムでキムとの戦いを見たいと思うのは僕だけでしょうか?
フェデラーVSナダルと同じくらいわくわくする、女子唯一のカードだと思います。




[ 2010/01/09 11:34 ] テニスニュース | TB(0) | CM(2)

新ラケット


新ラケットが楽天でアップされてた。
最初からUSモデルとJPモデルでわけるみたいね。

http://wilson-tennis.jp/products/contents/racket/blx/WRT7001202

1月末か、、、並行輸入ショップで安く手に入るまで待つか、、、迷うところですな。


[ 2010/01/08 14:04 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

さあ始動だ!

312323123
あけましておめでとうございます。
以前から噂のあった新ラケットとともに今年もフェデラーが動き出した!!

写真の通りなかなか前のラケットよりも落ち着いたカラーリングで断然いい!!
販売するときはUSモデルやジャパンモデルみたいにわかれたり、それとも限定発売で顔の似ていないフィギュアをつけたりするのだろうか?
個人的には海洋堂などが優勝したときの髪型や服装を忠実に表現し、もちろんバリバリ動く仕様で。
以前の限定フィギュアは固定だし、なぜかスライスショットなので・・・・

エキシビジョンはナダルが優勝しフェデラーはソダーリングに負けてしまったが、まあエキシビジョンなのでたいした問題ではなかろう、唯一気になるのはナダルの出来だが、なかなかよさそうだ。
2010年初の公式戦はカタール・エクソンモービル・オープンで、そして1月18日にはいきなり全豪オープンがやってくる、毎回思うのだがテニスのツアーの過酷さの要因の一つに全豪のスケジューリングのような気がするのは僕だけだろうか?ほとんど休みがないなかいきなり最初の月でグランドスラムの大会があり、次のグランドスラムである全仏は5月24日からだ。せめて全豪は2月にしたほうがいいような気がする・・

あいかわらずの過酷なスケジュールの中、今年のフェデラーは僕たちにいったいどんなプレーを魅せてくれるのだろうか?去年の涙の全豪が思い出されるが、ぜひ雪辱をはらすべくまずはカタールでのプレーをじっくり見ていこう。
[ 2010/01/05 14:24 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。