テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デルポトロに勝つには


6-2, 6-7 (5-7), 6-3のフルセットでデルポに負けてしまった。
いや、本当に強かった。USオープンの時よりもさらに強いとは恐れ入った。
デルポはサーブもフォアもバックも安定している。
その中でもやはり特筆すべきはフォアハンドだろう。強烈なフラット気味のフォアハンドは強烈で安定している。クロスも逆クロスも両方きっちり勢いの球を安定して供給できる。

バックハンドもフォアに比べれば強烈なショットは少ないが、これもかなり安定している上に上背があるもんだからナダルのような高くはねるフォアハンドもなんなく返す。ただフォアに比べると。。。って感じだ。

プレーとしてはベースラインかもしくは若干下がり気味でネットにはあまりでない典型的なベースラインプレーヤーとみていいだろう。

そんな弱点が少ないデルポ相手に、フェデラーがとった作戦はナダルがフェデラーのバックハンドを狙うように、バックにきたボールはクロスに返す(デルポのバック側)事だったように見えた。
バックのストレートがほとんどなかった。
デルポもフェデラーのバック側にボールを集めるわけだから、フェデラーとしてはバックハンドで処理することが多くなりいつもよりもクロスを意識してのストロークの応酬になり結果、打ち負けてしまう。

フェデラーの1ファンが考えるデルポ対策としては
1.早めのバックのストレートを狙う。(2006年のブレイク戦を思い出せ!)
2.リターンをもっとよく。(ロディックのサーブのときはいいのに)
3.スライスをデルポのフォア側のロングとショートで。(以外にスライスのストレートは難しいのかあまり見ないショット)
4.ベースラインより下がっていることが多いのでネットに出たら8割ドロップボレー。(目指せツォンガ!)

準決勝は
フェデラーVSダビデンコ
デルポVSソダーリング

ぜひダビデンコをやぶり決勝でデルポと勝負したいが、対ソダーリングはどうだろうか?
ダビデンコの好調っぷりも怖いがソダーリングがデルポにどう対峙するか見物である。

スポンサーサイト
[ 2009/11/28 15:50 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

マレーに勝利


強敵マレーに3-6, 6-3, 6-1で勝利!!
負けるとしたらマレーの粘着プレーにきれてしまってバックハンドやフォアハンドがはいらなくなってサーブに頼ったゲームに、と予想していた。

しかし、最初からいい集中力でファーストセットはとられはしたが、セカンドセット以後さらにギアをあげ振り切った。しかし最近はファーストセットがなかなかとれない・・・・あまりいい傾向ではない。
ベルダスコ戦からバックハンドの強打がかなり入っていたのでストロークの感じがよく、最後までマレーの粘着プレーに集中力が途切れることもなかった。

2勝はしたが次の相手のデルポにはUSオープンの借りはぜひとも返したい。あの時はあまりにもサービスが悪くてもリズムに乗ることができなかった。
サービスが悪すぎると最近のトップ選手にはストロークだけで優位に立つことは困難なので、最低ラインのサービスを保ちつつ、ストロークが今日のマレー戦レベルではあれば勝てるだろう。
[ 2009/11/25 13:30 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

大事な初戦


マスターズファイナルはデルポトロVSマレー戦で幕をあけた。
USオープンでフェデラーを破ったデルポトロとマレーの戦いは久しぶりじゃなかろうか?非常に魅力ある対戦だったがいきなりデルポトロがおかしかった。緊張なのかイージーミスをおかしまくったが徐々にフィットしていきフルセットまで持ち込む。
しかしマレーのうまさが最終セットではものをいい、デルポに競り勝った。デルポよりもプレーの幅はやはり広い。
次世代No.1を狙う二人の強さをあらためて再認識させられ、これからこの二人との戦いが待っているフェデラーにとっては厳しい戦いが予想される。

フェデラーの大事な初戦はなんとか勝った。
ベルダスコのバック攻めに対してよく我慢したと思う。最終セットは突き放した感じでいい印象は残っている。

ナダルがソダーリングに負け、ジョコがダビデンコに競り勝った。ナダルが初戦をおとしてしまったのでもう次は落とせない、フィジカル的にもそんなに問題ないみたいなのでここはナダルを応援したい。
やっぱりこの最強の8人での戦いは面白くエキサイティングだ。

[ 2009/11/24 10:05 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

最終戦へ

とうとう最終戦が始まる。
フェデラーが早々と敗れ去ったパリではジョコがナダル、そしてモンフィスをやぶり優勝。
ナダル戦のみ見たが、ナダルの出来不出来関係なく素晴らしいテニスを展開してみせてくれた。フォアハンドもバックハンドも強烈で、隙が非常に少ない選手になってきた。ネットプレーへの展開やスライスやドロップショットの精度などは微妙だがデルポと比較しても全く見劣りがしない。

Group A
Roger Federer
Andy Murray
Juan Martin del Potro
Fernando Verdasco

Group B
Rafael Nadal
Novak Djokovic
Nikolay Davydenko
Robin Soderling
-------------------------
上記のカードをみるとAに入ってもBに入ってもきつい。フェデラーは、はたして全勝できるのか、個人的にはナダルとの対戦を希望はするがお互いが決勝にいかないといけない、フェデラーにとってもナダルにとっても目の前の敵は以前よりも強くなっている。
デルポとジョコへ王者としての最後のお返しをして年末を迎えたい。


ガオラ放送まとめ
ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第1日(1)
11月22日(日) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第1日(2)
11月23日(月) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第2日(1)
11月23日(月) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第2日(2)
11月24日(火) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第3日(1)
11月24日(火) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第3日(2)
11月25日(水) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第4日(1)
11月25日(水) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第4日(2)
11月26日(木) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第5日(1)
11月26日(木) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第5日(2)
11月27日(金) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第6日(1)
11月27日(金) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~ラウンドロビン第6日(2)
11月28日(土) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~準決勝(1)
11月28日(土) 23:13~深夜2:00

ファイナルズ~ロンドン~準決勝(2)
11月29日(日) 早朝 5:43~8:30

ファイナルズ~ロンドン~決勝
11月29日(日) 23:28~深夜3:00
[ 2009/11/19 09:35 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

初戦敗退

89795646
ベネトーに初戦負けを喫す。
若気のいたりでもなけりゃ、双子の疲れでもなけりゃ、いったいなんだろうか。怪我でないことを祈りたいが。

こういう負けの後はどうしてもグランドスラム以外での集中力の低下やツアーでの優先度の違いなどを考えてしまうが、今年は全仏優勝や双子ちゃん誕生と去年以前とはまったく違う状況が重なりあった年ということも忘れないでおくべきだ。

フェデラーにとってもある意味イレギュラーな年になっていると感じているはずだが、ここ最近のツアーも見るとフェデラーとナダルの2代巨頭の時代が陰を潜めている感は否めない。

フェデラーが去った今、注目はナダルとツォンガとジョコとマレーとチリッチって、注目選手が多すぎるが、今後ジョコやマレー以外でトップ5に入ってきそうなのが、ツォンガとチリッチと思っている。
男子のトップ10前後が今まで以上に濃くレベルが高い気がするのは私だけだろうか。

ベネトーのテンションのあがり具合を見ると、フェデラーは負けたがやはりそこまで勝つことが難しいということの最大限の表現であるととらえることができ、ファンとしては複雑な心境でもある。
12331231231284
[ 2009/11/12 10:33 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

ジョコが勝利


残念ながら復帰後の決勝ではジョコ相手に4:6 6:4 2:6 で負けてしまった。1ヶ月ぶりの大会で優勝させてもらえなかったのは、以前よりもフィジカルを鍛えてきたジョコだから仕方がないともいえる。

この大会は一切見ていないのでなんともいえないが、今大会におけるジョコの充実っぷりは素晴らしいと思う。バブに勝ち、チリッチに勝ってきたステパネックに勝ち、フェデラーに勝ったことはツアー終盤に近いことを考えてもジョコのフィジカルの充実さは目を見張るものがある。

ひそかにステパネックがランキングが12位ということと、のりのりのチリッチに勝ったことでパフォーマンスだけではなくプレーも1流だったんだということを再認識させられた。

マレーが復活してきたユーズニーを一蹴し優勝してきたことでパリのマスターズや最終戦はいやがおうにも盛り上がってきた。パリに勝ち、最終戦を勝つことが双子ちゃんへの最高のプレゼントになるはずなので父になったフェデラーはここで一踏ん張りして欲しいところだ。

このハイライトを見るとジョコの集中力とバックハンドのすごさが伝わってきました。強いです。
[ 2009/11/09 09:22 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

フェデラー久しぶりの登場


フェデラーが地元バーゼルのツアーに約1ヶ月ぶりの出場。待ってましたよ!やはりフェデラーがいないとあんまりツアーも見る気がしない。
スケジュールとしてはバーゼルが終わるとすぐにパリのマスターズで11月22日からロンドンでのマスターズだ。テニスファンとしてはこの11月はシーズン終盤戦でテニス観戦に熱が入る時期でもあり、最終戦のマスターズは締めくくりとしては最高に面白い。

バーゼルはナダルやマレーはでていないが結構なメンツの大会となった。
フェデラーは1回戦はロクス、2回戦はセッピと勝ち上がっては来たが、復活してきたガスケや注目のチリッチが非常にきになる。

チリッチはジョコ戦まではたしてたどり着けるか、ジョコ戦を制して決勝にきてフェデラーとぜひ1戦まじえてほしい。
[ 2009/11/05 09:09 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。