テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

危ない

356446
どことなくバガボンドの沢庵和尚に似ているアカスソ相手に7-6 (10-8), 5-7, 7-6 (7-2), 6-2とかなりぎりぎり勝利だった。
アカスソの試合はほとんど見たことがなくほぼ初見に近かったが、フォア・バックともに大きなスイングで振り抜きもすばらしくバックのストレートなんかは豪快であり、第4セット以外はストレートでアカスソが勝ってもおかしくない内容であった。
ただそんな状態で勝ってしまったフェデラーにどことなく最強であった時代を彷彿とさせる、なぜだか負けないオーラを感じた。まあ今年のフェデラーのプレーの時折みせるひどいテニスがひどすぎたのかもしれないが。

次戦はマチューであり以前にもナダルを苦しめ、アカスソよりも強敵だろう。
間違いなくマチューもバックハンドを狙ってくると思われるが、ファン心理としては対ナダル戦を考慮すればそれはいい練習というか鍛錬になるのだから、ありがたいと思わなければならないぐらい広い心を持ってフェデラーのバックハンドの処理については観察しようと思う。
スポンサーサイト
[ 2009/05/30 10:29 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

全仏開幕


全仏が始まり、いきなり嫌なニュースが舞い込んできた。錦織選手の怪我だ。

疲労骨折が判明した右ひじの状態について、記者会見で説明する男子テニスの錦織圭。完治まで2-3カ月かかると診断され、6-7月のウィンブルドン選手権の出場も不可能になった(25日、東京)



ボロテリーのテニス環境は素晴らしいがビジネスの方向が強すぎて、選手が2番手になってやしないか?シャラポア、ハースなどもそうだよな。これは本人に聞かないとわからないけれども、IMGとボロテリーの意向で無理な出場がたたっとしか思えない。

フェデラーもナダルも無事に1回戦を突破、この時点でテニスを細かく評価してもあまり意味がないと思うので、4回戦あたりから細かいチェックをするとして解説人をガオラと総入れ替えしてほしいですな、アナウンサーも鍋島さん以外はどうも違う気がする。
鍋島さんは少々マニアックすぎるがテニスへの愛情が聞いてとれ、ガオラでの丸山さんとのコンビは気に入っている(辻野さんもいいが声のトーンがなんか丸山さんの方が落ち着く)。

今年の全仏にはたしてサプライズはあるのだろうか?よく赤土には魔物がいるとかいうが冷静に考える4年もナダルが連勝しているのでナダル自身が魔物なのかもしれない、今年も魔物退治はできないのだろうか、正直ナダルにあたるまでのフェデラーのプレーを分析しても意味ない気がしてきた・・・
[ 2009/05/26 10:17 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

いよいよフレンチ

昨日、マドリッドのセミファイナルのデルポトロ戦をガオラの再放送の録画をチェック。
最初のゲームで3つのドロップ、第2ゲームの最初のポイントもドロップってフェデラーやりすぎだろ!!
デルポの心を揺さぶるには十分だったようでデルポのいつものつなげるテニスができてなかった。

また楽天がジャパンオープンのスポンサーになり(三木谷社長のテニス歴があっての判断が強かっただろう)テニスファンとしてはすごくうれしいニュース。ただフェデラーや錦織選手に会える社長に嫉妬心が生まれたのも否定できない。
できればあの会場のハードコートは整備が悪くすべるそうなのでぜひとも全面改修を楽天に希望したい、やってくれたら日本のテニスファンは間違いなく楽天に対する思いが変わり、ヤフオクではなく未だに使ったことのない楽天オークションを利用するかもしれないし、検索の精度があまりにしょぼくとも使い続けてくれるだろう。

全仏では錦織選手が棄権でクルム伊達が予選ラウンドでくしくも棄権、その他の男子はニュースにもならず、杉山だけが出場という日本にとっては残念なニュースばかりになってしまった。
将来グランドスラムを目指したい日本人はもうだまってボロテリーに行ってください。ただし怪我だけは気をつけて。

全仏のドローが発表され一番の気がかりだったジョコがナダル山かフェデラー山のどっちに来るかは悔しくもフェデラー山にくることになってしまった。
ナダルをあそこまでおいつめた自信やらで間違いなくセミファイナルには来るだろう、逆にマレーは以外にもクレーの成績が悪く思った結果がだせていない、いきなりグランドスラムで結果をだしてくるのは難しいだろう。
クレー独特のスライドが苦手、彼の試合を見てもハードコートとなんら変わらなかった。5セットを戦い抜くのは厳しい気がする。
フェデラーには厳しい戦いであろうが目の前の一勝を積み上げていくことにフォーカスするのみである。

[ 2009/05/23 10:18 ] テニスニュース | TB(0) | CM(3)

おいおい

123456.jpg

セミファイナルのデルポトロ戦を見ようかと思ってビデオを再生させると、ナダルがジョコビッチに競り勝ちビデオも終わっていた。おいおい!!フェデラーの試合が録画されてないじゃないか!!
負けてしまったのか、どっちだとすぐさまネットで結果を確認した。

ナダルVSジョコは3セットマッチで4時間でツアー史上最長だったらしい。
ジョコビッチの粘りが本当にすごい試合だった。ただあのテニススタイルはフェデラーにはあわない、ナダル攻略に一役買ってくれそうかなと思っていたら以外に参考にはならないような気がした。
あそこまでナダルのストロークに粘れる選手は今のツアーではなかなか見あたらない(粘れても第3セットで根負けしてスコアも6-1など)、特に気になったのがナダルのフォアハンドをジョコが足を伸ばしバックハンドをしっかりとクロス(ナダルのフォアに)に返し続けていたことだ。あのプレーはフェデラーにはなかなかできないプレーだ。
ナダルはバンダナから髪をはみ出し必死の形相で最終セットのフルセットを戦い、勝ちきった。あそこで勝ちきれるのはさすがナダルといえよう、現王者のドラゴンボール大和魂を見た気がした。

でフェデラーVSナダルは思った以下の試合内容であったと思う。
見て取れるようにナダルのフィジカルがだめだめだった。バックハンドのミスが通常の試合よりも多く、右足の踏ん張りがきかないのだろう、サイドラインをわずかに割るといったミスが目立っていた。

一方フェデラーはストローク戦を支配していたかといえばそうでもなく、早い攻めとサーブとドロップショットがよかったことをのぞけば、バックハンドのミスもあり、アングルもなかったしダウンザラインのエースも少なかった。しかもナダルのブレイク以外のサービスゲームを見ればフェデラーよりもさくっとキープしているイメージもある。

ただこの1勝とナダルに勝利した事実がメンタル与える影響は少なからずとも大きいことは明白であり本人・ファンとしても全仏前のこの大会でというこのタイミングは非常に重要だ。

ナダルのフィジカルを考えても仙豆を食べてこの1週間で余裕で戻してくるだろう、そして当然のように決勝にくると予想される。グランドスラムは5セットでありナダルやその他の選手も時には2割り増しぐらいのパフォーマンスを魅せてくる。
マドリッドの前の全仏における個人的な予想はフェデラーが1でナダルが9。
マドリッド後の予想はフェデラー3でナダルが7ぐらい。まだまだそれぐらいの差があるといってもいいと思う。
全仏でフェデラーに神が降臨するのかナダルが赤土に君臨するのか、フェデラー優勝によって断然おもしろくなってきた。
[ 2009/05/18 09:48 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

セミファイナル!

789797897
最近はこのセミファイルがフェデラーにとってはキモだ。
以前のフェデラーではセミファイナルに鬼のような強さを見せる、そんなイメージを勝手に抱いていた。

対戦するデルポトロはマレーを破りのりのりなので、全豪のようなフェデラーの一方的な展開にはならないだろう。この鬼門のセミファイナルをなんとか死ぬきで乗り切って久しぶりにファイルにいってほしい。

もう全仏は目の前なので、ここらあたりで本人もファンも満足できるテニスを確認しておきたい。
ナダルVSジョコビッチは正直わからない、ナダルと前も対戦しているジョコがもしかして・・・ということもなきにしもあらず、これは録画必須の対戦だろう、ナダル対策も見逃せない。

まあしかしなぜかモーレズモが勝ってたり、リュビチッチがなぜかクレーで結構いい成績をあげてたり、楽天がジャパンオープンのスポンサーになったりとテニスについてはここ最近なにやら騒がしい。。。

VSロディック戦 めずらしく長めの動画でいい感じでまとまっていたのでご紹介。

[ 2009/05/16 10:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ターニングポイント


残念ながらジョコビッチに及ばずセミファイナルで負けてしまい、ナダルがジョコの猛攻を防ぎきりまたしても優勝という結果に。
いろいろな意見はあるだろうが、
この試合で印象深かったのは第3セットの第5ゲーム、3-1でフェデラーのサービスゲームだ。
このサービスゲームをなんとラブゲームでおとすのだ。もしこのゲームをとっていれば4-1になっており、さらにジョコビッチにプレッシャーをかけることが出来るので、ここは確実にとりたいゲームだった。
ジョコにとってはこのゲームをブレイクできれば3-2になりしかも自分のサービスゲームになるので気分的にも波にのれること間違いなしだった。

なぜフェデラーこの大事なゲームでラブゲームで落としてしまったのだろう?
ジョコの猛攻ではなくほぼ自分のミスでブレイクされたことは、俗に「勝ちびびり」というやつではないか?まだ勝ち星のない新人がよくおちいるアレだ。

解説の丸山さんもこのように言っていた。
「勝ちきれない」「フェデラーのペースと言いたいがいえない」

今本人は目の前の勝利にフォーカスするために一生懸命努力しているところなんだとは思う。
ファンとしては今は我慢のしどころだろう、我慢だ我慢、こういった時期を乗り越えた新生フェデラーは強いはずだ。
[ 2009/05/06 11:26 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

復活のジョコ戦

6543
正体不明のズベレフとやらに勝利し、ジョコとのリベンジマッチだ。
ジョコもデルポトロをくだしなかなか調子はよさげなので、ここでストレートで下すことになると
復活というか復調といってもいいんじゃないかと思う。

ジョコの深いストロークにさがって対応するのか、それともベースラインにとどまってすべてライジングで処理するのか、はたまたジョコのドロップに対抗して見事なドロップを見せてくれるのか。

個人的にはナダル対策して積極的にネットに出てストップボレーの練習をしてほしいが、なかなかネットにでる機会もあたえてはくれそうにもないので、今大会の勝ち上がりのように丁寧なプレーをすればおのずと結果は見えてくる気がする。


[ 2009/05/02 10:27 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

ローマ1000


ローマ大会が始まっていた。全くフルで試合は見ていないが、
マレーが負けた、
フェデラーの次戦はシモンばかりと思っていたがシモンが負けた、
ナダルがソダーリングに圧勝、
となかなかネタがそろっている大会だ。

というわけで
トップハーフは
ナダルVSベルダスコ(ベルダスコがあっさり負けそうな気がする)
ゴンザレスVSモナコ(わからない)

ボトムは
デルポトロVSジョコビッチ(いい勝負)
フェデラーVSズベレフ?(優勝ではなく目の前の1勝!!!)

久しぶりにガオラでフェデラーを見たいんだが、ガオラにはハイビジョン対応にして欲しい、クレーは球がみにくいわ。
[ 2009/05/01 08:25 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。