テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想外


完全に予想外だった。マレーVSシモンだと思っていた。マレー曰く、

「(フェデラーという)史上最強の選手を倒したんだから、悔いはないね。彼に勝ったことは、今大会のような大きな大会で優勝したのと同じくらい価値がある。」と、準決勝の敗退をそれほど気にしていないようだった。

「理想を言えば、彼(フェデラー)を簡単に倒して、準決勝のためにエネルギーをとっておければよかった。でも負けたくなかったから、110%の力を出したし、それでよかったと思う。他の選手はそうしなかったかもしれないけど、僕は自分のプレーに満足している。」

「言い訳はしたくない。彼(ダビデンコ)のプレーの方がよかった。また僕自身、疲れていた。ベストは尽くしたけど、疲労感があった。彼はタフな選手で、ミスもなく、タイミングも早いから、このような状態では勝てない。走らされてしまった。」



ただマレーが100%であったとしてもダビデンコの集中力とストロークの精度は半端ではなく勝てたかどうかは怪しいところだ。決勝のジョコビッチも今年の不安定さを払拭するかのごとく、ものすごいテニスを見せた。こういった底力というか地力をみせられると男子テニスは本当にわからない、そんな思いが再燃したマスターズだった。

ところで伊達選手が全日本のシングル・ダブルスともに優勝し来年の全豪に参戦する。当初の目標である全日本を制し、AIGなどで現在の世界のプレーを感じての当然の結論であり、かなりの手応えを感じでいるはずだ。全日本で優勝するとデビスカップの選手として推薦するという、テニス協会の内規があるらしい。世界4位の伊達の経験を全く生かし切れず、12年のブランクから復活し現役の選手をものともせずに優勝をさらっていかれた協会にとってはなんともいえない状況。
伊達選手以降、杉山選手は別にして世界に通用する選手を輩出できていない。錦織君は実質ボロテリーなので協会のおかげはないだろう。日本の男子にしろ女子にしろとにかくこれといった武器がみあたらない、杉山選手で言うとフットワークやフィジカルだというが、それは今の世界のテニスにとっては最低限そなわっていないといけない資質だと思っている、それはもっていて当然のものでありもはや武器ではない。

フットワーク以外の武器の素質を見つけてそれを育て上げないと今後も世界に通用する日本人はなかなかでてこないだろう。錦織君はフォアハンドをみごとに鍛え上げた、伊達選手はフィジカルでは勝てないからとライジングを身につけた。フィジカルでない武器を鍛え上げ世界の4位に上り詰めたという事実と世界の戦いの経験を生かし切れなかった協会の責任は重い。
復活してから観客動員数も増え、若手に世界の厳しさを身をもって教え、勝負の駆け引きを魅せた伊達選手のテニス界への貢献は計り知れない。
スポンサーサイト
[ 2008/11/17 14:08 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

王者の執念


本当に死闘だった。第一セットの動きやショットを見ると腰の痛みはそんなにひどいものを感じさせなかった。第一セットをとったものの、マレーのゆったりとしたストローク、そして執拗なバック攻め、完全にフェデラー対策だ。長いストロークになるとバックハンドで先にミスをしてしまうのはフェデラーでありマレーのバックハンドの安定っぷりはナダルのフォアハンド並み、しかもときおり見せるバックのフラットはフェデラーのメンタルも削り取る感じ。

第2セットからはマレーもゆったりとしたストロークでなく、攻め方をフラット気味に変えてきた。フェデラーは第一セット同様、ネットプレーをいつも以上に多用、たまのミスはあったけども魅力的なボレーやスーパーショットを見せてくれた。

第2セットの終盤は勝負を急ぎすぎたのは明白で、その理由も第3セットの2度にわたるマッサージや、屈伸運動でわかった。フェデラーがマッサージや屈伸運動や座り込んだりするのを初めて見たような気がする、連戦のつかれではないその表情が物語っていた。

デュース10回経てのキープは王者の執念にマレーが押されたが、なぜだかこの試合は勝てない気がしたのは僕だけはなかったはずだ。セミファイルナルに進めなかったのは残念で仕方がないがフェデラーでしかできないテニスと執念を見れただけでお腹いっぱい。しかしマレーのバックハンドの安定さはすごいわ、【フェデラーはストロークが大嫌い】今年を15文字で言い表すとすればこれしか思い浮かばない。
[ 2008/11/15 08:24 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

おいおいおい

012456
録画をみようと早送りしたら、ロディックでなくて唇パフォーマー先生が写っている。え!!、おいおいロディックじゃないのか!?どうも棄権なので急遽、先生がでることに。
実は先生とはあんまり相性がよくないフェデラー。

不安ながら見ているとどうも今日はガシャッているフォアハンドもバックも。試合全体の印象としては、いつもポイントがとれているところでとれない、ミスをしている感じだ。とくにランニングショットをことごとくミスっていたのが非常に気になった、まさか背中の痛みがひどくなったかと思ったが、どうも胃の調子が悪いらしい。どうりでフレンドリーフェデラーの表情が冴えないわけだ。

次戦はマレーだが、そのマレーはフェデラーを見事に破ったシモンをストレートで破りいち早く準決勝を決めた。このフィジカルのままで、今のマレーに勝てるほどそんなに甘くない、ここはあえて期待せずに見るとしよう。

急遽、出場が決まり練習もメンタルもあがりきらないまま、自分のラケットを使用していない唇パフォーマー先生のパフォーマンスにまずはアッパレか!
[ 2008/11/13 08:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

369258.jpg
上海マスターズが始まった。
ナダルが欠場というなかでノリノリシモンがやってきた。
マレーは予想通りロディックを下し、貴重な1勝をあげた。

一方フェデラーはというと出だしから調子がよさげで、バックハンドもいい感じ、ややファーストサービスの入りがよくなかったがなんとかファーストセットをとった。

ただシモンの粘着プレーとフォアハンド、バックハンドともフラット気味のショットがすごい。びっくりしたのが、フェデラーの強烈なストレートのフォアハンドをバックハンドでかえすところ。ナダルであってもなかなか返球できないレベルの球を返してくる。途中からシモンが右利きフラット気味のナダルにみえてきた。もう何でも返す返す。ときおり見せる強烈なラリーの応酬はものすごいレベルで久しぶりにラリーで興奮した気がする。

ファーストセットはとったけれでも、このままこの粘着プレーが続けばフェデラーも強打せずにはいられない→フォアハンドのストレートを多用→ミスが増える→第3セットにもつれたらまずい・・・・
そんな展開で負けた気がする。

動きを見るとそんなに問題はなかったように見えたが、背中にまだ痛みが走るのだろうか?バックハンドもかなりよかったし、フォアハンドの威力もそんなに悪くなかった(ちと後半はまずかった)。ただシモンのテニスというかあのフラット気味のショットがすごすぎた。まるで今年の全豪のティプレビッチを見ているよう。どうも粘着プレーに苦手な傾向があるフェデラーの修正っぷりがこれからの見せ場になってくる、来年フレンチをとる上で粘着プレーを完璧に攻略せずにはいられない。


Djokovic 75 63 del Potro
Davydenko 67(6) 64 76(0) Tsonga
Murray  64 16 61 Roddick

Red
Federer 0-1
Murray 1-0
Roddick 0-1
Simon 1-0

Gold
Djokovic 1-0
Davydenko 1-0
Tsonga 0-1
del Potro 0-1
[ 2008/11/11 07:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

そろって棄権


ブレーク戦どうだったかなと思い、ネットでチェックすると棄権。しかもナルバンディアンがマレーに勝っているし、ツォンガもロディックに勝った。ナダルは順当かなと思ったら、おいおい、棄権。

全ての予想が当たらないというのも初めてだが、それよりも現地の人がかわいそうだよな、予想としては順当にナダルが勝ち上がり、勢いにのったマレーがナダルと死闘を繰り広げるが、最後にナダルががぶり寄りみたいな。ボトムはフェデラーがブレークに余裕の勝利で五輪のリベンジを果たし、ツォンガの勢いをビッグサーブで意外にあっさりロディックが勝ち、久しぶりのロディック戦。全てがフィットしだしたフェデラーになすすべなく、決勝でナダルと・・・・・・・・・・・・・。

フェデラーも初めての棄権ということで、もうすでに来年の全豪オープンを見据えている感じもするし、MONOでなくてよかった、上海はさすがに出場するかもしれないが、たぶん体に少しでも無理が出ると迷わずフェデラー陣営が棄権を叫ぶ、今はそんな状態かもしれない。

この終盤戦にきてデルポトロも足の爪で上海出場あやうしか、ジョコビッチもいまいちだ、ナンバー1,2そろっての棄権、あらためてATPツアーの過酷さを物語っている、やっぱりテニスって世界のプロスポーツの中でも過酷さは群を抜いている気がする。ゴルフよりも賞金も少ないし、大会が続けてあるっていうのも選手にとっては、出たいけどもフィジカルがみたいな葛藤が常にあるだろうし。
1年間安定して戦い抜くことができるようなハードトレーニングの厳しさは想像に難くない、さらなる尊敬の念をもってテニスを見るべきだと自分の胸に強く思いました。
[ 2008/11/01 08:52 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。