テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王者フェデラーの闘志


見事に王者のプレーを復活させ、マレーをくだし全米5連覇という偉業をなしとげた。
第2セット以外はアンフォースドエラーも少なく、全体的にマレーの凡ミスの印象もあるが、フェデラーの球の勢いは全盛期のそれを思い出すのには十分だった。ジョコ戦とマレー戦をみると、久しぶりに実家に帰って料理を食べた時の「ああ、そうそうこの味この味」みたく、強い時のフェデラーってこんなテニスしてたしてたと随所に思わせた試合で、ファンとしてはかなり楽しめた全米だった。
インタビューを見てると、

Q:今年初めにかかった単核症から、完全に回復するまで今までかかったって言える?

そうかも。先月ぐらいでも、まだ動きがあまり良くない感じだった。クレーと芝ではそう悪くないと思ったんだけど。でもハードコートに戻ったら、なんだか体が思うように動かなくて、しばらくハードコートでプレーしてなかったけど、いつもなら無理しなくても自然にできる。でもシンシナティでもトロントでも、動きが良くないって感じてた。いい時もあった、オリンピックでも。ここでは大会が進むにつれて動きがだんだん良くなってるのを感じた。それはいい兆候だったと思う。それでディフェンスもオフェンスも両方できるって自信ができた、それまではディフェンスが良くないから攻めなきゃいけないって気がしてた。


Q:去年優勝した時と比べると、あなたの自信や、あなたのテニスや、あなたが今感じてることはどう違う?

決勝は明らかに去年の方が難しかった、ストレート勝ちではあったけど。でも今日はアンディに対して本当に正しい戦略を選んだと思う。アンディ自身も素晴らしい戦略家だけど。彼とやる時は正しい戦略でやることがすごく重要だ、そうしないと負ける。今日はちゃんとそれができた。それに大会が終わりに近づくにつれて、去年と同じように、相手が難しくなるほど僕はベストのプレーをしてると感じた。だから今の自分のプレーにすごく満足してる。
アンドリエフとの試合がこの全米オープン全部の鍵だった。今の自分のレベルに満足してる、もう少しいいプレーができるとは思うけど。でも全米オープンに優勝できた、それが大事なことだ。


病気の影響度がここまであるとは思わなかったけどもこれからの年末もフェデラーから目がはなせない。
dssddssdsdsdsdsdsdsdsdsdsd.jpg

スポンサーサイト
[ 2008/09/09 11:52 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

フェデラーの標準


ジョコビッチを久しぶりの王者のテニスで3-1で粉砕した。
本当にあんなプレーのフェデラーを見たのは久しぶりだった、特に第一セットは圧巻でファーストサービスも83%の入りアンフォースドエラーもたったの3つ。ここ近年のフェデラーでは見覚えのないスタッツだ。

でもジョコもファーストサービスは79%も入っていたことを考えると、フェデラーのリターンの良さも浮き出た試合だった。

一方のナダルはマレーに2-1でリードされたところで雨天順延で結局マレーが3-1で勝ったみたいだ。

返して返していっきにドカンでたまにドロップも使うぜ、勢いに乗ったマレー
VS
久しぶりに自分のテニスができ感情も表に出しちゃうよフェデラー

は予想もつかないがジョコ戦のできが再現できれば優勝はかぎりなく近いだろうが、なにぶん今年のフェデラーに絶対はない事を肝に銘じつつ、フェデラーファンとしては例え優勝できなかったとしてもまだまだジョコ戦のパフォーマンスをする事が出来たという事実があればよしとしようと心のどこかで思っている。
[ 2008/09/08 09:03 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

錦織選手とフェデラー2

b_0830_079_nishikori.jpg
記事が消えてしまったので簡単に。
錦織選手は残念でしたが、デルポトロにはテニスの質で勝っているので
今後も体力をアップすれば問題なく勝てる相手だと思います。そのデルポトロもマレーに負け。ナダルVSマレーだけども、ここからへんでマレーがナダルに大金星をあげる予感。以前よりも安定感が抜群ですな、マレーは。

一方、フェデラーはアンドレエフにフルセットでなんとか勝ち。次の相手はレフティの選手でシードを破ってきていて勢いは錦織選手以上のきわもの、要注意でしょう。
最近のフェデラーのボレーミスが気になります。そもそもWOWOWで放送されないということはあり得るのかな?
[ 2008/09/04 17:19 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

錦織選手とフェデラー


なんと錦織選手がフェレールを下しベスト16に。
世界4位に対してテレビ画面では日本人選手がストロークで打ち勝ち、見事なドロップショットを決め、アングルでコートから追い出したりと、ありえない映像であふれていた。
錦織選手が僕にとってはフェデラーに見えた試合だった。

以前オーストラリアンオープンで鈴木選手がフェデラー相手に善戦し興奮したものだが、あきらかにテニス全体のレベルが違いすぎた。
しかし昨日の錦織選手のプレーは善戦どころかフェレール側からすると完全に力負けをした完敗であったと僕は思う。一番の勝因はサーブだと分析したけれどもサーブはスピードではなくコースなんだと教えてくれた試合でもあった。もちろんフォアハンドの威力とバックハンドの安定さの向上は言うまでもない。

次戦はデルポトロで実績・経験とも負けているが勢いでは負けてはないだろうとおもいきや、彼の勢いも錦織選手以上にすごいので今のところ五分五分と見ている。たぶんフェレール戦以上に興奮させてくれる試合になると思う。

フェデラーは無事にステパネックに勝ったみたいだけども今回は完全に錦織選手のほうに天秤がかたむいてるな・・・・・・・・
[ 2008/09/01 11:24 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。