テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんとか・・・・

012365999
ジネプリに6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 6-0でからくも勝利。リアルで見てたファンは心臓ばくばくできっとまともに見れなかったに違いない。試合は見ていないのでなんとも言えないが、フェデラーのこの顔が全てを物語っているような気がする。

とにかくポイントも死守しないといけないので、このシンシナティでの優勝はフェデラーがオリンピックや全米を当面の目標とはしていても、マストだと思う、ここでぜひともナダルにリベンジし、オリンピックで金、全米で優勝、あと全てのマスターズで優勝という奇跡の復活を見せて欲しい。

かなり贅沢なリクエストだけども、王者はきっとこたえてくれる、、、きっと今週ガオラにでてくれることを期待しつつ、ナダルの勝ち上がりもチェックだ!
もうすでにナダルのバックハンドは弱点でもなんでもない、ウインブルドンで見せてくれたすばらしいフェデラーの逆クロスを炸裂させようじゃないか。
スポンサーサイト
[ 2008/07/30 15:25 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

77777777777777777.jpg
ロジャーズカップの初戦でシモンにフェデラーまけてしまった・・・・・・・・・・・・・・。6―2、5―7、4―6
大会の名前がロジャーズカップなので、決勝でウインブルドンの屈辱をはらすべくナダルと対峙してくれると思ってましたが、完全に足下すくわれたか、それともやはりウインブルドンでの惜敗からのショックから抜け出せないのか。。。。ファンとしてはファーストとって王者たるもの油断してしまったと思いたい。

ロジャーズカップだけにさい先のいいハードコートシーズンを送ってもらいたかったが、終わったものは仕方がない、次へ向けて出発だが、北京五輪だけは反対だ。北京オリンピックでは本当になにもないことを願うばかりだ。テロや病気が怖いしフェデラーにとってポイントゲッツも命がけだわ。
[ 2008/07/24 15:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

フェデラーのテニス



すばらしい死闘でした。フェデラーのテニスらしさが全面にでてた、ああいうテニスを見たのは久しぶりのような感じでした。

フェデラーもナダルも当然だとは思うんですが、ショットの質や試合の質がそれまでのものとは次元が違く、現在のテニス界のナンバー1,2が真正面からぶつかると、こうもレベルの高いショットが繰り出されるものかとあらためて思いました。

負けた原因は第1、2セットが悪かったのではなく、バックハンドの処理につきると思います。バックハンドがらみで言えばリターンの時もバックはタイミングがあってなかった。それ以外でいえばサーブも良かったし、ネットに出るタイミングも完璧だったと思うし、フォアハンドも問題なかったでしょう。

個人的にしびれたショットは第4セットタイブレークのバックハンドパッシングショットよりも、ファイナルセットのナダルチャンピオンシップポイント40-30でナダルのいいサービスをバックハンドのフラットリターン。かっこよすぎだ、フェデラーさん。

今後のナダル対策としては本気でナダル球出しマシーンを開発するべきだと思う。なんかそれ以外ないと思うようになってきた・・・
[ 2008/07/08 09:35 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)

サフィンVSフェデラー

9632

963

まさかセミファイナルの相手がサフィンだなんて・・・・2回戦でジョコを破ったときにきれやすいサフィンがまさかここまで勝ち上がるとはサフィンファンの方でもあんまり思ってなかったんじゃないか。

フェデラーもナダルも厳しいドローながらナンバー1、2の盤石さを見せつけ余裕の勝ち上がりというかいい集中。
ナダルの相手がクレメンとシュトラーというこちらも変わった面々。男子も女子も波乱ありで今年のウインブルドンは確実に去年よりも楽しめている、WOWOWとNHKでは画質もNHKのほうがいいし、セミファイルは雨の中断もあり、NHKの録画を残すといっためんどくさいことももう終わりだ。
ナダルとの決勝の前に、確変サフィンとの対決が待っている。のっているサフィンは空気を読まない、きれないサフィンは強い、明日は空気を読んで下さい。
[ 2008/07/03 14:05 ] テニスニュース | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。