テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

惜しいとしかいえない。



モンテカルロ決勝 7-5 7-5でナダルに敗れました。

第2セットでは4-0とリードするも追いつかれ、ナダルに4連覇を許してしまう。


ナルバンディアンやジョコなどの強敵を倒し、完全に動きは戻ってきてました。

特に見ててバックハンドの安定ぶりというか強打ぶりがすごくて、ナダル戦はかなり期待していましたが、ナダルの執拗というかなかば執念のようなバックハンド攻めに屈してしまいました。

本当にナルバンディアンとジョコの深いバックハンドもきれいに返し、フォアハンドもすばらしかった。&ヒゲラス新コーチの作戦かどうかしらないがフォアハンドのドロップショットもいい感じでした。


今後のナダル対策としては


1.ドロップショット(昨日の決勝でも効果的に使ってましたね)

もっと使っていいかと思います。ナダルの逆クロスでおいつめられて、フェデラーがランニングのフォアハンドを打つシーンではほとんどポイントとれていませんでしたので、そこで強打ではなく、ドロップショットの選択肢があってもいいかと思います。

それとナダルの執拗なバックハンド攻めにも無理に強打やスライスを打ってミスをしましたが、ドロップショットでの対応も一つかと。


2.やはりファーストサーブの確率。

これはどのサーフェスでも言えますが、ストロークでイニシアティブを終始とれるわけではないので、ファーストサーブの確率は非常に重要になってくると思います。


3.アングルショット

フェデラーらしいショットも昨日はいろいろ見せてくれました。やはり効果あり。フォアハンドのアングルを打ちまくって、体制が崩れたところを前にでてボレーで決めるパターンですね。ナダル以上にフェデラーもバックハンド狙いでいいと思う。ここはやはりぶれてはいけない点でナダルのフォアハンドはクレーでは危険きわまりない。


4.バックハンドのフラットストレート

バックに来た球はすべてフラットストレートでいいぐらい。なんかそれしかないと思う。とにかく早めの展開でバックハンドのストレート。


でもそれにしてもナダルは強かった!!


スポンサーサイト
[ 2008/04/28 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エストリル優勝!!



ダビデンコが第2セット途中での棄権でしたが、きっちり優勝!!

初クレーなのに、いい動き!!たぶんですが、もう復活といってもいいんじゃないでしょうか。優勝したからではなく、動きそのものが戻ってきています。


気になった点が

1.結構ドロップショットが多い

2.ベースライン近くで構えている。


1に関しては初クレーなのでテスト的にうっているかもしれませんが、去年よりも多く感じるのは私だけでしょうか?これは今回の大会から仮コーチとして一緒になっている人による助言なのかどうかはさだかじゃございません。


2に関しては去年は試行錯誤で、結構ベースラインよりも1M~2M近く下がって構えていたり、そうじゃなかったりしていました。これも仮コーチの作戦か?と勘ぐってしまう。


なんにせよ久しぶりの優勝が大事で次戦のモンテカルロに期待せずにはいられない。とにかく動きが戻ってきたことはファンには一番じゃないかと思いました。


今回の大会はグレードも低かったので優勝したからといっても、フェデラー陣営もまだまだだと思っているだろう、モンテカルロのでき次第では本当にフレンチ期待できるかもしません。ぜひともクレーでのジョコとの対戦楽しみにしています。

[ 2008/04/21 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

フェデラーたぶん大丈夫でしょう



ソニーエリクソンオープンセミファイルでフェデラーがロディックに7-6 (7-4), 4-6, 6-3で敗退。

惜しい!!惜しい!!

たぶん病気もなおっているし、調子もいい感じだったが、こんな接戦した試合は久しぶりだったもんで、途中途中に集中力が抜けてしまい、しかもそのタイミングが一番やってはいけないポイントだったりして負けてしまった感じとでも、ファンとしては言っておくことにしときます。


アカスソ戦で見せた動きやショットの威力も全豪の時と比べると全然よくなってきた。


フェデラー陣営にとってこの大会は調子を整えるものであって、ネットアプローチの多さからみても、たぶん最初からあんまり優勝は意識してなかったのかもしれない。


フェデラーもこのロディック戦については

「たぶん今回の試合は、これまで彼が勝つべきだったのに、僕が勝ってきた試合の1つだったと思う。今回は彼に軍配が上がったということ。」

って言っているし、問題ないでしょう。


動きが戻っている兆しはあるが、やはり去年とはあきらかに違う、フェデラーにとっては想定外であることは間違いない。


クレーシーズンで一つでも優勝するのは全仏オープンをとる意味でも非常に重要な調整のうちの一つであると考えているはずなので、これからのフェデラーは例年以上に目が離せない!!!

[ 2008/04/04 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。