テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

集中力

全米の前のシンシナティでヒューとブレイクをくだし見事に優勝。

ブレイクのややフラット気味のストロークはフェデラーのテニスには合うのだろう、あまり苦もなく勝ってしまったという印象をうける。


最近のフェデラーの試合はここぞというときに素晴らしいサーブを決める。どことなくサンプラスのようなサービスゲームをするときがある。ときおり見せるストロークの不安定さは、コースと速さがあいまったサーブで吹っ飛ばすって感じだ。


全米も開幕しこれからも見逃せないテニスウイークとなってきた。


先日、週末のダブルス練習会で試合があり、2-5で負けていた。この試合をおとすと優勝を逃してしまう非常に大事なゲームだった。2-5でなんとか相手のサーブをブレイクし、私のサーブ。0-30にされ、万事休すかと思ったが、いつもならここで集中力がとぎれ負けるんだが、ボールだけに集中し、ファーストサーブを3本決め、デュースまでもっていき、なんとかキープできた。


ここでのサービスキープが僕らのペアの結束力をたかめ、見事6-5で勝利した。まさに集中力が生んだ大逆転劇で、試合終了のときに久し振りに本気でうれしかった。


フォアハンドについて

フォアハンドはボールの後ろに入ってボールをよく見るという基本中基本を意識して打ったことが功を奏し、試合全体を通してストロークの調子がすごくよく、ほぼ凡ミスは皆無であった。ただバックのクロスはあいかわらずイマイチ。

本当にボールの後ろに入るというのは重要で、アングルを打つには体からボールが離れていては素人は難しいのだ。


サーブについて

フェデラーのようにサーブを振り切ってフィニッシュを左にもっていく。

こうすることによって球に伸びがでたが、まだまだコースをきちんと打ち分けられなかったので、課題は残る。


1ヵ月後に所属するサークルのダブルス対外試合があり、全く知らない人と試合をし、パートナーも初めて組んだりと初めてづくしの試合があるので、そこまでバックハンドのクロスやサーブやらフォアハンドやら細かく調整したい。

スポンサーサイト
[ 2007/08/28 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

初めてみた気がする・・・

先日のロジャーズカップは

ジョコがフェデラーを初めて破り、見事優勝。しかもタイブレーク2回をとってだ。


まずはジョコに関して

・ロディック・ナルバンディアン・ナダル・フェデラーを破っての優勝はテニスをする中での自信(メンタル)のステージが3段階ぐらいあがっただろう。今後も安定的にセミファイナルぐらいまではあがってくるに違いない。


・ドロップショットがうまい。タイミングもタッチも使用回数もかなりのレベル。


・フェデラーの次の新しい流れのテニスとか言われているが、そこまでは思わない。フォアハンドやバックハンドが特別すごいわけでもないが、ストローカーなのにサーブがいいのと、タッチが他の選手よりもよく、スピンを丁寧にかけているのでプレーに安定性がある。もちろんフィジカルもいい。これといって特徴があるのかいえばそうでもないところはオールラウンダーなのかもしれない。

今後は時折みせるフォア・バックの強打にネットプレーが加われば本当にフェデラーの最大のライバルになるかもしれない。


くちびるお化けのステパネックに関して

・試合は初めて見たが、あんなにネットでるプレーヤーとは知らなかった。

サーブアンドドロップボレーは素晴らしいと思うが、ストロークがあまりにもしょぼいのでトップ10にぎりぎりはいるのが精一杯な感じ。でもポイントを決めたときのあのわけわからんステップとかリアクションは大好き。


決勝のフェデラーに関して


たちあがりのストロークをみて結構やばいとは思ったが、結局修正できずに敗退。

あきらかにバックハンドがおかしく、フォアハンドもかなり合わせた感じで振り切っていないのでふかしてアウト!みたいな場面もちらほら。

バックに関してはタイミングが合わず、これも振り切っていない感じ。なのでトップスピンは使わず、スライスを異常に多用していました。あんなフェデラー見るの久し振りだ。

セカンドセットは戦い方をかえサーブとボレーでポイントをかせぎ、ジョコのミスに助けられたって感じで、あの出来だとトップ10選手の誰がきても負けてた思う。あまりにおかしいので怪我か?と思ったぐらい。

決勝でのあのパフォーマンスはフェデラーでもありえるんだと思うと今後の試合も安心して見れないが、シンシナティでの出来不出来がUSオープン連覇に関わってくることは間違いない。


シンシナティではジョコとナダルが負けかよ!!!しかも2人とも負けが完全にフィジカルが理由。ナダルが心配だ。




[ 2007/08/16 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

シングルの練習会

今後は週末の練習内容や感想もアップしていきたいと思います。

先日とあるシングルの練習会に参加。

個人的には2年ぐらい前にシングルの大会にでて、技術的にもメンタル的にも体力的にもぼこぼこにやられ、

そこから結構、気合を入れて練習するようになった。


ということでかなり久し振りのシングルだったので最初の試合はサーブも入らず2-6で負け、現実を知らされた感じで、6ゲーム目ぐらいから足がついていかなくなり、肩で息をしてしまう。


バックにボール来るとクロスになかなか引っ張れず、8割がたストレートに球がいってしまう。

ダブルスと決定的に違うところは、ランニングショットだと痛感させられた。ダブルスではあまりサイドに走りながらのショットを打つ機会がほぼなく、必然的に前か後ろなのでストロークの感触がいつもとまったく違った。


まあそのあとは結果は6-0、3-6、6-1であった。最後の試合ではだいぶ慣れたというか試合自体に集中することができたので、ファーストサーブの確率がかなりよかったので草テニスとしてはめずらしくサービスキープをすることができた。(それ以外の試合は結構ブレイク合戦)


まとめ

1.当然のごとく体力がまだぜんぜん足りない。6ゲームでへばってたらだめだろ!!

2.バックにふられたときにきっちりクロスにトップスピンを打てる技術。

3.フォアのクロスショット(普段のダブルスではアドバンテージサイドなのでフォアはほとんど逆クロスなので

シングルをしてみて以外にクロスのフォアがきっちりうてないことが判明した。)


今後の練習では以上の3点を意識していこう。

[ 2007/08/10 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。