テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウインブルドン2012 決勝 フェデラーVSマレー

第1セット

いきなりイージーなミスが続き30-40でこれまた簡単なドライブボレーをミスでいきなりブレイクされました。
ジョコ戦でフィジカルはいっぱいいっぱいだったのかとすぐにフィジカルの不安がよぎる。

一方のマレーはイギリス人では76年ぶりの決勝ということで数々のプレッシャーの中、しっかりとストロークを入れていく。意外なのがここまでのサービスエース数はフェデラーよりもマレーの方が多いということ。サーブが好調なのが伺える。

ストローク戦ではマレーよりも早くフェデラーがミスをしてしまう。
すでに3ゲーム目ですでにアンフォースドエラーが5つと多い、まだまだエンジンがかかっていない。
マレーはフェデラーのサーブを果敢に攻めてくるのでうまく流れがつかめない感じ。

しかしようやく第4ゲームデュースからフェデラーのストロークが光りだす。バックの ストレートのきれいなウイナーもあり、続けてフォアの逆クロスと。そしてブレイクバック。ここからリスタートしたい、スコアは2-2だ。

第5ゲームのデュースからのネットプレーはフェデラーらしい美しいボレーだった。
第8ゲームあたりで気づくが、フェデラーのバックハンドのあたりがかなりいい、フォアよりもミスが少ない。
ブレイクポイントを握るもマレーの落ち着いたプレーでフェデラーのブレイクを阻止する。
一進一退の攻防が続き5回目のデュースになる、前半の山場と言ってもいいだろう。ここをブレイクするとフェデラーの5-3になりフェデラーのサービングフォーザセットになるわけだからマレーとしては絶対にキープしなければならないが、最後はフェデラーの回り込みフォアハンドのリターンがネットでマレーは無事にキープ。

そして第9ゲーム。フェデラーのドロップボレーをマレーがおいつき、15-30。フェデラーのフォアがアウトで15-40。最後はもフェデラーのフォアがネットでこの大事なゲームで簡単にブレイクを許してしまった。

第1セットはマレーがプレッシャーを跳ね除けいつものプレーを続けた。
一方フェデラーは大事なところでミスをしてしまい(スタッツ通り)、あまりサーブが良くなかったのでサービスゲームではマレーに攻められるといった感じだ。次のセットではフェデラーはもう1段ギアをあげないと非常にまずい展開となる。フェデラーのバックハンドが良かったのが救いか。

第1セット スタッツ
フェデラー
ファーストサーブ:68%
ウイナー:11
アンフォースドエラー:16

マレー
ファーストサーブ:58%
ウイナー:10
アンフォースドエラー:5



第2セット
第5ゲーム
15-40ダブルのブレイクポイント。果敢にネットにでてスマッシュといいサーブで切り抜ける。
ネットでのフェデラーの動きはバッチリだ。こういう動きをみていると少し安心できるのは、ネットプレーは反応速度が試されるから調子の良さも垣間見えるような気がするからだ。

マレーはサーブがよくさくっとキープしていく。ストロークもサーブも非常に落ち着いていてプレーに落ち度はあまりみられない。

第9ゲーム
フェデラー、ブレイクポイントを握られるが粘ってキープ。
ここまではこのセットどちらかとるかわからない。どちらかと言えばアンフォースドエラーの多いフェデラーが
大事なところでやってしまうんじゃないかという不安の方が大きい、それぐらいマレーのプレーはいつもどおりだった。

第10ゲームもラブゲームでマレーはキープ。タイブレークにいくかの勢いだったが、5-6マレーのサーブの第12ゲームに不意にチャンスがやってきた。30-30からドロップボレーの球をマレーがロブするがアウトで30-40。
長いラリーから強烈なバックハンドでネットへ、そしてドロップボレーで決める!
ワンチャンスを完全な形でモノにした完璧なプレーだった。
しかし油断はできないマレーの状態もすごくいい、まだまだわからない状態だ。

第2セット スタッツ
フェデラー
ファーストサーブ:71%
ウイナー:19
アンフォースドエラー:8

マレー
ファーストサーブ:72%
ウイナー:14
アンフォースドエラー:4



第3セット
第3ゲームの途中でサスペンデッド、屋根がしまってインドア状態に。どれほどの差があるかは本人たちにしかわからないが。

第6ゲーム
フェデラーのストロークがやたら調子がいい。
ブレイクポイントを掴むがマレーもいいサーブをいれてくる、トッププレイヤーの必須条件だろう、苦しい時のいいサーブ。しかしこのゲームのフェデラーの攻めは半端ではなく、何度何度もフォアに回りこんでフォアハンドを撃ちまくるがいい結果に結びつかない。7回目のデュース。イージーなバックハンドをミスしラケット軽く地面にあてるマレー。
デュースはすでに10回目。このゲームをとれば勢いにのれる事はわかっているのでどちらも必死だ、そしてウインブルドンの神はとうとうフェデラーの頭上に舞い降りた。流れを決めるブレイクを決める!
そしてお互いキープしてこのセットをとる。

第3セット スタッツ
フェデラー
ファーストサーブ:64%
ウイナー:15
アンフォースドエラー:6

マレー
ファーストサーブ:49%
ウイナー:13
アンフォースドエラー:8



第4セット
第5ゲーム
15-15からマレーのフォアがサイドをきる。15-30
そしてイージーボールのバックハンドアウトで15-40。
マレーをネットにおびき出しバックハンドのクロスで抜いてブレイク!

第6ゲーム
15-30でマレーがフェデラーをパッシングできるチャンスを逃し、頭を抱える。これを決めていれば15-40で2ブレイクポイントだったのに、マレーは最大のチャンスを逃してしまった。

第10ゲーム
フェデラーサーブの5-4。
フェデラーは好調さを維持しマレーは焦っている。15-15から2本続けてファースト入れてきた。
マレーも1本維持のバックハンドを見せるが最後はパッシングがサイドアウト!

第4セット スタッツ
フェデラー
ファーストサーブ:70%
ウイナー:17
アンフォースドエラー:8

マレー
ファーストサーブ:45%
ウイナー:9
アンフォースドエラー:8



試合後のマレーはインタビューですべての人を感動させた。
インタビュアーにマイクを向けられて

「getting closer・・・」もうちょっとだったのに。

たしかにそうだった。第2セットのセットポイントまではどちらかは本当にわからなかったのだ。

何回見てもうるっとくるインタビューははじめての経験でインタビュー後にフェデラーと抱き合う姿もうるっときた。二人で何をはなしたのだろうか。



ウインブルドンが始まる前は正直、優勝できるとは思えなかった。しかもマリッセ戦で背中を痛めた映像を見てからはなおさらそう思えた。たぶん痛み止めかなんかを打ってでたのだろう、身体に無理は生じているはずだ。

そんな中、7回目のウインブルドンチャンピオンになった事は素晴らしいし、早いサーフェスはまだまだ勝てるということを皆にあらためて示す事ができた。

本当におめでとう、フェデラー!最高に楽しいウインブルドンでした。
次回はオリンピック、こちらも楽しみにしています。

610x_20120713140202.jpg

54646456.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/07/13 14:17 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

オーストラリアンオープン全豪総括2012年

3232323.jpg

またしてもとっても時期はずれな更新であります。
もう少しタイムリーにアップしないといけないとはわかっているのだが、どうもツイッターで簡単につぶやけてしまうので更新した気になってしまう今日この頃です。

ということでATPのサイトから丸コピーですが、フェデラーの全豪の対戦相手は以下。

R128 Alexander Kudryavtsev (RUS) 172 W 7-5, 6-2, 6-2
R64 Andreas Beck (GER) 93 W W/O
R32 Ivo Karlovic (CRO) 57 W 7-6(6), 7-5, 6-3
R16 Bernard Tomic (AUS) 38 W 6-4, 6-2, 6-2
Q Juan Martin Del Potro (ARG) 11 W 6-4, 6-3, 6-2
S Rafael Nadal (ESP) 2 L 7-6(5), 2-6, 6-7(5), 4-6

全豪の前のドーハではツォンガ戦を前に背中の違和感でなんとフェデラーにしては非常にめずらしい棄権ということでファンの皆様は僕と同様かなり不安でいっぱいの全豪観戦だったのではないでしょうか?

そんな感じでスタートした全豪なので1回戦から心配して、普段ほとんどみない会見スクリプトまでチェックしてしまいました。
「練習もフルでできているし問題ない」とは本人の談でしたのでほっと胸をなでおろしましたが、なんと2回戦の相手が棄権で、次戦はカルロビッチと対戦ということで別の意味で非~~~~~常に危険なスケジュール。
こういうところで当たりたくない人ナンバーワンの選手でしょう。(今のこういうところで当たりたくない選手ランキングNo.1は錦織選手に勝手に決定しましたが。)

ビッグサーブにものの見事に対処しなんとストレート勝ち。次のトミッチはジモピー&今から伸びてくる若手選手有望株のうちの一人なのでこれまた少し心配しましたが、ストレートで勝利しました。
トミッチのストロークの構えが独特でタイミングが取りづらいふうに見えましたが、対戦相手はどうなんでしょうか、なんかがっちりと構えないストロークが独特でした。

で、問題のデルポトロ。自分の中でも全豪のターニングポイントかと思いましたが、デルポトロのミスが多すぎてフェデラーとファンにとっては苦い思い出のUSオープン戦とは比べることのできないレベルでした。ただストロークはやっぱり怖い選手。復調してくるんでしょうか。(ちなみにこういうところで当たりたくない選手ランキングNo.2です。)

そして準決勝でナダルとの試合です。簡単にいうとフェデラーのフォアのミスが多く、いつもよりやや攻撃性に劣り、ナダルの調子がすごすぎた!!につきると思います。もうなんかそれだけって感じの試合でした。
ナダル戦といえば去年の年末のファイナルですが、サーフェースが遅いとこうまで展開がかわるもんかという典型的なナダル節が試合のアチコチにほうりこまれた試合でした。
全仏でまたもしナダルと対戦することがあったらフェデラーの勝利を予想することを妄想することを諦めさせるには十分な試合だったんじゃないでしょうか。

それは決勝でのジョコとの死闘を見ればよくわかる。ナダルが勝ってもおかしくなし試合でした。あそこまでタフなスタイルでないと切り崩せない。ジョコのスタイルとフェデラーのスタイルは違うのですが、フェデラーが5セットでナダル相手に攻撃し続けるには遅いサーフェスでは非常に厳しいものだという現実をつきつけられました。

ジョコはクオリティが高い球(スピンがしっかり掛かってなおかつ早い球)をずっと供給し続ける能力が現在選手の中で一番高い。それであの死闘。フェデラーが遅いサーフェスでの戦い方をフラット系のボールで決める以外の戦略というかもう対ナダル用戦略を改めなければいけないでしょう。

体は問題ないらしいので今年もがんばれフェデラー!!

[ 2012/02/10 11:15 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ウインブルドン総括

準々決勝フェデラーVSツォンガは
3-6, 6-7 (3-7), 6-4, 6-4, 6-4
で2セットアップからのツォンガのまきあげで負けてしまった。

第1セット
ツォンガがあきらかに堅くミスが多い、フェデラーは可もなく不可もなく。
いつものツォンガっぽいといえばそうかもしれないというプレーだった。

第2セット
さすがに堅さもとれてきたツォンガ、シングルハンドでたまに打つ(こういうプレーはツォンガ臭さともいえる。)余裕も。ネット際でたまにみせるボレーはやっぱりうましだが、全体的にプレーが荒い。

第3セット
最初にブレイクされたときからツォンガの動きも良くなってきた。
4-3 0-30

5-4 0-30
などここからチャンスというときに0-40にスコアをすすめることができず、あとはツォンガのサーブ力で持って行かれた感じ。
このセットを見てもフェデラーの調子は普通に感で決して調子は悪くないと感じた。

第4セット
さて当然このセットで決めなければいけないフェデラーですが・・・

第3ゲーム
セカンドサーブをアタックされバックアウト。0-15
ネットにアプローチいくが、ツォンガのシングルハンドのストレートパッシングにあう。0-30
ストローク戦でツォンガのフォアを甘く返球、逆クロスへエース。0-40
フェデラーナイスサーブ 15-40
またもや善いサーブ 30-40
ストローク戦フェデラーの甘くなったフォアハンドを逆クロスへエース。

第5セット
第1ゲーム
ツォンガのバックストレートのウイナー。0-15
セカンドサービスをリターンエース。0-30
ネットミス15-30
フォア逆クロス強打でフェデラースライスミス。15-40
フェデラーフォアハンドミス。

まあ結局、ツォンガがフェデラーよりも攻めが早く、サービスゲームが非常にクオリティの高いプレーをしたということにつきる。フェデラーがもう1段階ギアをあげれば勝てたとは思うが、それをさせなかったツォンガのパワーテニスをほめるべきであろう。

このスタッツをみればフェデラーは決して悪いテニスではなかったはずなんだけど、アンフォースドエラーが11ってほんまか!!って感じで・・・

001.gif

決勝はナダルVSジョコビッチとなり、全く予想はつかなかったが、ジョコが3-1で勝利、あまり苦戦した感じでもなく完全にナダルの球筋をわかっている感じだった。
こうきたら次はこうくるなみたいなジョコの動きに寸分の迷いもなかったような雰囲気。ナダルはこれから多少進化はすると思うが、フェデラーがナダルを苦手とするように、これからも苦しい戦いをしいられることは間違いないだろう。

今回のフェデラーの敗因は運が悪かったといえばそれまでなので、それまでにしておきたい。本人もツォンガが良すぎたって言っているし、トップ20位くらいまでの人が調子がいいとこれからもこういう事が起きるよ、気をつけなくちゃって思っているに違いない。
アナコーンコーチもこういう場合の対策、途中から相手がゾーンに入った場合の対処法を考えているに違いない、まさかあきらめてないよな。

ap-201106291035381222259.jpg


[ 2011/07/07 15:44 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

ウインブルドン予想

ウインブルドンはじまってしまいましたが予想を。

ナダル山
デルポが芝でどれくらいやれるか、ですがここはベルディヒをおす。ナダルとのフルセットでナダル勝利!

マレー山
芝の大会でツォンガを破り優勝したマレー。そのまま勢いにのってロディックをたおす!

フェデラー山
ナルバンディアンがかなり怖いが最初の壁はまさに壁のようなイズナーでしょう。で、ツォンガがきて無事に勝利。
※日本の添田がラッキールーザーでツォンガと1回戦を戦いましたね。
すごい彼もとうとうここまできましたがこれからに期待しましょう。また試合はのちほどチェックして日本の添田がこれからどこまでやれるかをブログにアップしたい思います。

ジョコ山
ジョコ山が一番面白く、芝の得意なバグダディスにジョコがどこまで良いテニスをみせれるか見物です。
そしてロドラも芝では注目の選手です。ここは思い切ってロドラと予想してみました!!
※錦織君がヒューイットに1回戦で負けてしまいました。ヒューイットも芝は結構得意です、いやな相手とあたってしまい残念でした。今回は結構期待していたんですけどね・・・・

ということで
ナダルVSマレー
フェデラーVSロドラ

でフェデラーVSマレーと予想し、念願のウインブルドン7勝目をフェデラーが勝ち取る!!!!!!!

666666
緑がいい!そしてぎこちないバックハンド!!
[ 2011/06/22 14:11 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

まさかのまさか

546123123312.jpg
ジョコに
7-5(46%)
1-6(40%)
7-5(50%)
2-6(68%)
5-7(57%)
でマッチポイントを握りながらの惜しい敗退となった。試合のキーポイントは第5セットのマッチポイント握られてからのジョコの思い切りのいいショット。これにつきる。キープした後もその思い切りのいいプレーとフェデラーの凡ミスでブレイクされ、待望であったナダルとの決勝は潰えた。
これはジョコの試合後のインタビューでもその辺のことを語っていたが
「なにも考えず、思い切り打つ」これでジョコの集中力があがったことは間違いない、スポーツ以外でもどんな場面でも開き直りが時に強かったりするのは周知の通り、あの場面でジョコのモメンタムががらりと変わった時、そそれを如実に感じとりフェデラーも変わるべきだったのは無謀な要望なのか・・・

負けた原因はあげればきりがないが、その一つにサーブの確率をあげる。
ファーストセットは46%だったのにとれたのは運。第2セットに関していうまでもない、というかストロークがネットを越えない・・・・
第4セットでようやく68%にあげてきたが、ジョコのリターン力が高いことをこのセットは物語る。
たらればだがソダーリング戦ぐらい入っていれば・・・という思考が常についてまわる。
サーブが安定していなければ、ナダル、ジョコ、マレー、デルポトロ(去年のUSを思い出す)には勝ちずらくなっている状況を考えると、ジョコ戦や今大会を見てネットプレーを増やすことしか思いつかない。ジョコ戦でもネットにでればいいパターンで決まっていたのに後半はあまりみられなかった。
ぜひアナコーンコーチにコメントを求めたいが、残りの試合でそれはわかるかもしれない。
65153126131.jpg


決勝は確実にナダル有利かと思われたが、雨で順延となりこれで少しはわからなくなった。でもやっぱり3-1でナダルかな・・・・

56123132356.jpg

ジョコは許せるが親父はなぜか許せない(笑)
[ 2010/09/13 08:57 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

風。

16556132232132.jpg
ソダーリングをストレートで下し、ジョコとの準決勝を迎えることとなった。
ソダーリングは第3セットの後半以外はパフォーマンスは悪くなかった。結構深いストロークもほりこんでいたが、
フェデラーのライジングの返球にミスし、そしてフェデラーは圧倒的にサーブがよかった。
特に第1セットの第10ゲームすべてファースト入れてのゲームでセットをとるという、フェデラーに久しぶりに王者の影をみたような気がする。
第2セットのセットポイントもサービスエースで決めたし、この試合というかフェデラーは風の強い日にはいつも以上に強い気がするのは私だけだろうか。相手がなかなかフィットしないからだろうか、ソダーリングは何回も体制を崩してストロークを打っていたしね。。。
次戦のジョコも強敵だが、本日の出来が再現できれば勝てるとは思うが、どうだろうか。フェデラーのサーブに注目して見てみたい。

たった今、弟分から卒業したと見られるバブリンカとユーズニーの試合が終わり、フルセットでユーズニーが勝ちきった。これからナダルVSベルダスコだが、この二人と言えばいつぞやの全豪セミファイナルを思い出すが、あの時よりももちろん二人ともパワーアップはしているが、ここは順当にナダルがくるだろう、あっさりとストレートでやってくるかもしれない。
ユーズニーの体調が心配だがナダルVSユーズニーは絶対みておきべき試合となると思う。
[ 2010/09/10 09:09 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

そろい踏み

56612313
メルツァー強かったね。サーブもいいし、ストロークはフラット気味でなおかつナダルなんかよりもネットプレーはうまい。あんなに強いとは思わなかったが、フェデラーも堂々としたプレーでストレートで勝利。今後も要注意な選手な事は間違いなく、フェデラーが調子を崩しているときで3セットマッチなら負けるレベルの選手だ。

そしてベスト8がそろった。
Rafael Nadal ESP (1)
vs
Fernando Verdasco ESP (8)

Stanislas Wawrinka SUI (25)
vs
Mikhail Youzhny RUS (12)

Gael Monfils FRA (17)
vs
Novak Djokovic SRB (3)

Robin Soderling SWE (5)
vs
Roger Federer SUI (2)

予想だにしなかったのは弟分のバブリンカにモンフィス。ユーズニーはすっかり忘れていた。
ナダルがきてユーズニーがバブリンカに勝ち、ナダルVSユーズニー。(正直どっちかわからない)
あえてユーズニーと予想しよう。

ジョコは順当にモンフィスに勝ち、そして恐怖のソダーリングだ。今の調子を維持できれば勝てるとは思うが、その後にジョコが控えている。体力的な面から言ってフェデラーはトップハーフよりかなり不利とみる。
ソダーリング、ジョコ、そしてユーズニーorナダルとこの強烈なメンツにどう立ち向かうのかはアナコーンコーチだけが知るのみ。
彼の戦略がいったいどうフェデラーにとって+であるのかは全米が終わったところでまた言及したい。
[ 2010/09/08 17:29 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

フェデラー、錦織君と。


錦織君がチリッチをフルセットの末やぶり、次戦はモンタナス。結構期待していたが、予想以上にチリッチ戦の勝もが激しく今まで痛めたことのない場所をやってしまい、残念ながら第2セットで棄権となった。

チリッチ戦は正直言ってチリッチがかなり調子がわるく特に彼の生命線であるサーブが、出だしで大きくダブルフォルトからもわかるように、かなりチキンであった。
セカンドをたたくのに第4セットまでアジャストがかかっていたので、もう少しそのへんの調整力があるとフルセットにはならなかっただろう。ただ本人も言っているように調子は悪くともあのチリッチを破ったからには自信にはなる。怪我とのつきあい方が今後とも重要であるが、まだまだグランドスラムでの決勝は遠い道のりであることにかわりはない。まあ今までの日本人選手だとその道のりすら想像できなかったが。

フェデラーはかなりの鬼門と思われたマチュー戦だったが、ストレートでやぶり次戦へと駒をすすめた。調子は確実にいいといえる。次戦はメルツァーだ。
レフティばっかりなのは決勝でのナダルという示唆なのかは神のみぞ知るところか・・・・

[ 2010/09/06 12:24 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

雑感

ロディックがティプサレビッチにダウン。
バグダディス、ベルディヒがロドラにストレートでダウン。ヒューイットはフルセットでマチューにダウン。
ジョコ、ナルバンディアン、ソダーリングがいきなりフルセットで辛勝。
グルビスもいいとこなしのストレートでダウン。
逆にフェデラーはまた抜きのスーパーショットもついての最高の勝ち上がり。
ナダルの相手のガバシュビリはいいテニスをしたが、あそこでセットを奪われないのがナダルの強さ。
錦織君がチリッチと対戦が決まった。リターンゲームよりも自らのサービスゲームを積極的にキープし、プレッシャーがをかけ続ければなんとかなる!!
[ 2010/09/02 15:02 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)

予想。

*984565464

Round3 - ヒューイット
Round4 - フェレーロ
Quarter - ソダーリング or チリッチ or 錦織君
Semi - ジョコ or ダビデンコ or フィッシュ or ロディック
Final - ナダル ナルバンディアン マレー (たぶんマレー、もちろん希望はナダル)


注目はナルバンディアンだろう。復活して調子もよく全盛期よりも絞れている分パフォーマンスはいいかもしれない。ナルバンディアンがナダル山でどれほど暴れるかに注目したい。VSナダル戦をぜひみたい。

そして錦織君も無事予選を3回勝ち、1回戦勝てばたぶんチリッチと対戦。1回の相手はコロレフだ、大丈夫絶対勝てる!!!そして4回戦でソダーリングとだ!!魅せろ、錦織君。
[ 2010/08/30 11:21 ] グランドスラム | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。