テニスバッグ/ナイキとフェデラーとテニス

フェデラーのニュースやらテニス情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サークルの方向性

前回はサークル運営の難しさでしたが、今回は方向性について。


ただ単にテニスをやりたい人や、向上心ばりばりでうまくなって試合に出て勝ちたい人が一緒に練習するとレベルの差もありますが、なんだか変な空気になってしまい、うまい人が減っていき、中途半端になってサークル解散・・・・そんな経験ありませんか?


テニスサークルはうまい人が初心者に丁寧に教えたりするものではなく、個々それぞれがテニススクールや家での素振りや雑誌などを見て勉強して、それを試す場所だと思います。

プラスアルファ気のあった同士での飲み会などもありだとは思いますが、やっぱり基本は試す場所であると。


テニスサークルになにげなく来てなにげなく帰って、

「○○さん、うまいですね~~、僕ぜんぜんうまくならないですーーー」


なんて人、多くないですか?テニスに対して情熱があるか、ないかはプレーを見ればすぐにわかります。

周りで2,3年前から全く上達していない人(それなりにうまいけど)とテニスをすると、ものすごく温度差を感じるのは情熱の差だったりします。


もちろん人それぞれのレベルもあるしいろんな考え方があるでしょうから、一概に上記にあげたものがテニスサークルの定義とはいえませんが。


でもやっぱりいいサークル、悪いサークルがあるのは事実であります。結局テニスと割り切っていても最終的にそのサークルの善し悪しを決めるのは人間性だからです。

サークル全員がうまい人でも性格的によくない人ばっかりのサークルはなんのおもしろくもなく、続けていくこと自体がメンタルトレーニングみたいなもので逆にいいかもしれませんが(笑)


サークルに入るきっかけはたとえば、テニススクールで誘われたりや最近ではネットでの募集であったりします。

その時にリーダーなる人をよく観察しましょう。

サークルといっても一つの組織なので、組織の方向性を決めるのはリーダーです、リーダーの性格がよくなければ、そんな人ばっかりしか集まらないので、やめたほうがいいと思います。

リーダーのテニスに対する情熱なんかはプレーや言動ですぐにわかります、テニスギアをみてもテニス好きな皆さんならわかると思います。


サークルの方向性はリーダーを見よ!!

スポンサーサイト
[ 2008/03/20 00:00 ] テニスサークル | TB(0) | CM(0)

サークル運営の難しさ

皆さんも所属するサークルで人間関係のトラブルなんぞはないだろうか?

実は所属するサークルの主幹事(30代)と副幹事(40代)の仲がこじれてしまい、ついにはサークル活動もやもなく中止することになったというか自然消滅・・・・

※副幹事というだけで別になにもサークル運営にはかかわっていない。


副幹事はちなみにテニスは好きなんだが、向上心がコリアが今年の全仏オープン優勝するくらい全くない。(コリアファンの皆様すいません。)


僕はテニスに対してはすごく前向きというか家に帰ると一時期は暇があればラケットを握り、よく素振りをしてフェデラーのビデオを見ながら常日頃研究し、テニス関連の雑誌は毎月かかさずチェックし、これはいい号だと思えば買っては家で素振りをし、週末のテニスの練習でためすといった、テニ吉だ。


そういうわけで基本的に向上心が0の副幹事のするテニスに好きではなかった、ただ面白い人だったので人間的には好感度がもてる人だったが。


最初はそうではなかったんだが、副幹事以外のメンバーのテニスがうまくなって試合をしても副幹事のミスが目立ち始めたころだった。。。それまでテニスのときのマナーも別に悪くはなかったんだけど、ひどい言動が増えてきたのだ、


「今のフォルトちゃうか~~~~」

「いまのきたないわ~~~~」

自分のサービスをブレイクされたらネットに向けてボールを投げたり、

試合中のコートを横切ったり。。。。


主幹事が言えばいいんだけど、年上だし、昔は仲良かったし、気が弱いやらで、結局なにも言えず、サークル活動を停止し、副幹事以外でテニスをやることになったのだ。


副幹事に言えない、私を含めたメンバー全員が悪いと思うんだけど、なかなか言えない。

ただ最低限、テニスに対する向上心はみんなで共通のものがないといけない。テニスが今よりもっとうまくなりたいという人は人間関係で悩んでる暇がないのだ。


できれば本当はサークルのメンバーのレベルも合わせたいものだがこれだけは本当に難しく、結局、向上心のある人は自分よりもっとうまい人とやりたいし、初心者に教える時間もない。


今までの経験上、テニスがうまくてマナーもあって向上心がある人はすでに他のサークルに入っていて新たに入ってくる確率はナルバンディアンがグランドスラムで優勝するくらい微妙で低い。(ナルファンすいません)


まあサークル活動は難しいものではあるが、テニス対する情熱と人間性はサークルの方針としてぶれないように持つべきだと思う。次回はサークルの方向性について考えるです。



[ 2008/02/04 00:00 ] テニスサークル | TB(0) | CM(0)
Flashリバーシ
カレンダー
ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。